« 新刊  コミュニティ臨床への招待 | トップページ | こんな時 こんな本 ギロビッチ著『人間この信じやすきもの』 »

2012年5月24日 (木)

新刊 橋本典久 著 『苦情社会の騒音トラブル学』

9784788512924 橋本典久 著
『苦情社会の騒音トラブル学』
――解決のための処方箋、騒音対策から煩音対応まで

12.05.25
978-4-7885-1292-4
A5判368頁・定価 本体3800円+税 の見本出来ました。
配本日は5月24日、発売は5月28日です。


苦情社会の騒音トラブル学 はじめに

 なぜ人は、ほんの些細な騒音でも気になるのでしょうか。なぜ人は、聞きたくもない騒音が流れてくると、逆にそれを一生懸命聞いてしまうのでしょうか。う るさい地下鉄の車内でも平気で眠れるのに、隣の犬の鳴き声で目が覚めてしまうのはなぜでしょうか。自分の下手なカラオケはうるさくないのに、なぜ他人のカ ラオケはあんなにうるさいのでしょうか。音に配慮したマンションを買ったはずなのに、なぜ上階からこんなにうるさく音が響くのでしょうか。昔は気にならな かった幼稚園の子供の声が、なぜ最近はうるさく感じるのでしょうか。なぜ、たかが騒音で傷害事件や殺人事件までが起きるのでしょうか。

《はじめに 全文を読む》

|

« 新刊  コミュニティ臨床への招待 | トップページ | こんな時 こんな本 ギロビッチ著『人間この信じやすきもの』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/54789223

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 橋本典久 著 『苦情社会の騒音トラブル学』:

« 新刊  コミュニティ臨床への招待 | トップページ | こんな時 こんな本 ギロビッチ著『人間この信じやすきもの』 »