« 新刊 サトウタツヤ 著 『学融とモード論の心理学』 | トップページ | 書評 平石典子 煩悶青年と女学生の文学誌 »

2012年4月 5日 (木)

新刊 鈴木登美・十重田裕一ほか 編 『検閲・メディア・文学』

9784788512849 鈴木登美・十重田裕一・堀ひかり・宗像和重 編
検閲・メディア・文学
――江戸から戦後まで

12.03.30
978-4-7885-1284-9
A5判384頁・定価 本体3900円+税の見本出来ました。配本日は4月4日、発売(書店さん店頭)は2、3日後となります。


本書は、二〇〇九年三月六、七日にコロンビア大学で開催されたシンポジウム "Censorship, Media, and Literary Culture in Japan: From Edo to Postwar"と早稲田大学重点領域研究「世界と共創する新しい日本文学・日本文化研究」のコロンビア・プロジェクトの研究成果である。刊行の目的とそこに至るまでの経緯を以下に記しておきたい。
《本書あとがきより》

|

« 新刊 サトウタツヤ 著 『学融とモード論の心理学』 | トップページ | 書評 平石典子 煩悶青年と女学生の文学誌 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/54397153

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 鈴木登美・十重田裕一ほか 編 『検閲・メディア・文学』:

« 新刊 サトウタツヤ 著 『学融とモード論の心理学』 | トップページ | 書評 平石典子 煩悶青年と女学生の文学誌 »