« 書評 平石典子 煩悶青年と女学生の文学誌 | トップページ | 新刊 川上清文・高井清子・川上文人 著 『ヒトはなぜほほえむのか』 »

2012年4月 8日 (日)

ためし読み 

厳冬の寒さも和らぎ、近所の公園には桜を見にたくさんの人々が集い賑わっています。
そして入学シーズンとなり、そこ此処に初々しい新入生の姿をみかけ、自分もその時代があったことを懐かしく思う今日この頃です。皆さん、いかがお過ごしですか?

さて更新がまた滞っておりましたが、またこれから徐々に増やして行きたいと思います。
早速新刊のためし読みを掲載いたします。

陳 天璽・近藤 敦・小森宏美・佐々木てる 著
越境とアイデンティフィケーション

荻野昌弘 著
開発空間の暴力

高橋修 著
主題としての<終り>

J・ ヴォークレール 著    明和政子 監訳/鈴木光太郎 訳
乳幼児の発達

ご興味を持たれた方は、ぜひ書店に行って実際に手に取ってみて下さい。
そしてそれぞれの春を彩る、素敵な本と出会って下さい。

|

« 書評 平石典子 煩悶青年と女学生の文学誌 | トップページ | 新刊 川上清文・高井清子・川上文人 著 『ヒトはなぜほほえむのか』 »

ためし読み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/54429474

この記事へのトラックバック一覧です: ためし読み :

« 書評 平石典子 煩悶青年と女学生の文学誌 | トップページ | 新刊 川上清文・高井清子・川上文人 著 『ヒトはなぜほほえむのか』 »