« 受賞 牧野陽子著『<時>をつなぐ言葉』 | トップページ | ためし読み »

2012年4月23日 (月)

書評 平石典子 煩悶青年と女学生の文学誌

9784788512733平石典子
煩悶青年と女学生の文学誌
――「西洋」を読み替えて
12.02.15
978-4-7885-1273-3
A5判360頁・定価4410円

の書評が2012年4月22日付讀賣新聞に掲載されました。評者は尾崎真理子氏。

・・・・・・源流をたどる博士論文だが、踏み込んだ新解釈は興味深い。とりわけイタリアの作家ダンヌンツィオの影響を挙げた〈第4章 「新しい男」の探究〉。東京帝大卒の森田草平が、令嬢・平塚明子(後のらいてう)と1908年に有名な心中未遂事件を起こしたのは、ダンヌンツィオにかぶれたから。その明子から草平の師・夏目漱石が発想したのが『三四郎』の気まぐれなヒロイン美禰子。が、その書き方に草平は不満で、自ら『煤煙』を新聞に連載した――

《本 よみうり堂 全文を読む》

評者の先生、掲載紙ご担当者さまに心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

|

« 受賞 牧野陽子著『<時>をつなぐ言葉』 | トップページ | ためし読み »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/54541350

この記事へのトラックバック一覧です: 書評 平石典子 煩悶青年と女学生の文学誌:

« 受賞 牧野陽子著『<時>をつなぐ言葉』 | トップページ | ためし読み »