« 書評 浜崎洋介 著 福田恆存 思想の〈かたち〉 | トップページ | ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第117号■ »

2012年2月10日 (金)

新刊 平石典子 煩悶青年と女学生の文学誌

9784788512733 平石典子
煩悶青年と女学生の文学誌――「西洋」を読み替えて
12.02.15
978-4-7885-1273-3
A5判360頁・定価 本体4200円+税

の見本が出来ました。配本は2月9日。書店さん店頭には14日、15日頃ならびます。

》 関連記事 書評

 本書は、明治中期から後期において、日本の文学のなかで新しい若者像がどのように形成されたのか、ということを明らかにしようとするものである。明治の日本は、突然世界史のなかに組み込まれ、十九世紀の進歩史観に基づいて、「近代文明」への階段を登り始めた。そのなかで、「近代文明」の在り処である「西洋」の文学が若者たちにどのような影響を与え、彼らの自己像および他者像の形成に関わったのか、ということに焦点を当て、比較文学的なアプローチでの究明を試みる・・・・・・
《本書はじめに》より

|

« 書評 浜崎洋介 著 福田恆存 思想の〈かたち〉 | トップページ | ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第117号■ »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/53947054

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 平石典子 煩悶青年と女学生の文学誌:

« 書評 浜崎洋介 著 福田恆存 思想の〈かたち〉 | トップページ | ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第117号■ »