« 紹介 八木宏美 著 『違和感のイタリア――人文学的観察記』 | トップページ | 書評 中村英代著『摂食障害の語り――<回復>の臨床社会学』 »

2012年1月31日 (火)

新刊 やまだようこ 『世代をむすぶ』

9784788512689 やまだようこ
『世代をむすぶ――やまだようこ著作集10巻』

12.1.30
978-4-7885-1268-9
A5判344頁・定価 本体3200円+税

が出来ましたh。配本日は1月31日です。書店さん店頭には2,3日後並びます。

・・・・・・
 本巻は、テーマも内容も語られたエピソードも「ズレのある重ねの語り」で成っています。相手によって、時期によって、場所によって、聴衆によって、語り の展開のしかたも微妙に違い、語り口もいろいろです。その場でしか語られない、ライブの語りのいきいきした調子や、多重ナラティヴの重なりとズレを、縦横 に楽しんでいただけるように、できるだけ手を加えないように、語られたままのかたちで編みました。

 本巻は、さまざまな世代や専門の方々と、いろいろな機会に語りあった、ナラティヴ実践の記録といってもよいでしょう。語りの相手も目的も時期も場所も聴衆も違います。語り方も多様で、対談、対話、座談会、インタビュー、モノローグなどが含まれています。

 ふしぎなことに、あらかじめ語りのテーマは決まっていなかったのに、焦点をあてられたテーマは、「どのようにして研究者になったか?」「人生の転機は?」「人生と学問の関係は?」「なぜ質的研究をはじめたのか?」「質的研究とは何か?」など、どこか似かよっていました。
・・・・・・

(はじめにより)

|

« 紹介 八木宏美 著 『違和感のイタリア――人文学的観察記』 | トップページ | 書評 中村英代著『摂食障害の語り――<回復>の臨床社会学』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/53871021

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 やまだようこ 『世代をむすぶ』:

« 紹介 八木宏美 著 『違和感のイタリア――人文学的観察記』 | トップページ | 書評 中村英代著『摂食障害の語り――<回復>の臨床社会学』 »