« 重版 本が死ぬところ暴力が生まれる | トップページ | 書評 和田敦彦 著『越境する書物』 »

2011年10月 7日 (金)

書評 和田敦彦 著『越境する書物』

9784788512504 和田敦彦 著『越境する書物』
11.08.05
978-4-7885-1250-4
A5判368頁・定価4515円

の書評が2011年10月7日付「週刊読書人」に掲載されました。評者は長谷川 一氏。

・・・・・・本書の、というより著者の姿勢において特徴的なのは、そうした問題意識をたずさえながらも、スタイルとしてはあくまで実証的な歴史研究を堅持するという二段構えをとっていることである。具体的なアプローチにおいては、書物の移動や蔵書の構築、そしてその変動を追ってゆく。北米におけるさまざまな日本語図書の蔵書のありようを丹念に掘り起こして整理し、その中から見えてくるものを拾い上げようとする。それは気が遠くなるほどの時間と労力を要する地道な作業である。

 書物の流通に着目することにたいし、分野によっては、ともすれば副次的な問題であるかのように見なされることがあるかもしれない。だがメディア論研究者の目にはきわめて妥当な着眼点であると映る。

著者は言う。「本がある、ということはそれらを購入する理由があり、資金の流れがあり、書物を運ぶルートがあり、さらにはそれら手に入れた書物を整理し、使うノウハウがあるというころである」(11頁)。

 そのとおり、蔵書の成立やその変化には、さまざまな組織や人間がかかわり、そのなかで種々の書物が国境や文化といった境界を越えて移動してゆく。書物はただ運ばれるだけではないそこは、さまざまな力のせめぎあう政治的な場であり、知が形づくられてゆく複合的な過程の根幹をなすのである。・・・・・・

ご書評くださいました評者の先生、掲載紙ご担当者の方に心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

|

« 重版 本が死ぬところ暴力が生まれる | トップページ | 書評 和田敦彦 著『越境する書物』 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/52930703

この記事へのトラックバック一覧です: 書評 和田敦彦 著『越境する書物』:

« 重版 本が死ぬところ暴力が生まれる | トップページ | 書評 和田敦彦 著『越境する書物』 »