« 書評 和田敦彦 著『越境する書物』 | トップページ | 新刊 平松貞実 著 事例でよむ社会調査入門 »

2011年10月 9日 (日)

書評 牧野陽子 著 〈時〉をつなぐ言葉

9784788512528 牧野陽子 著
〈時〉をつなぐ言葉
――
11.8.25
978-4-7885-1252-8
46判392頁・定価3990円

の書評が2011年10月9日付東京新聞に掲載されました。評者は平川祐弘氏。

・・・・・・独創性少ないかにみえる再話とはいかなる営みだったのか。ハーンの心象世界に一貫するテーマは人間にとって過去現在未来とは何か、という問いで、その答えが「時をつなぐ言葉」としての再話文学だと考える。

そんなハーンの営みを良しとした市原豊太先生に「我一人思ふ心はただ獨り思ふに非ず祖先の心」の歌があるが、その見方を実証した本書は文学分析の範である。牧野氏の言葉は簡潔に研ぎ澄まされ、学術書が芸術作品と化している。・・・・・・

第二次大戦後、米英本位の文学史家がハーンを黙殺した頃と違い、八雲は次第に国際的にも無視できない存在として復活しつつある。日本の外国研究が自己本位になりつつある証左であろう。

ご書評くださいました評者の先生、掲載紙ご担当者の方に心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

|

« 書評 和田敦彦 著『越境する書物』 | トップページ | 新刊 平松貞実 著 事例でよむ社会調査入門 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/52948270

この記事へのトラックバック一覧です: 書評 牧野陽子 著 〈時〉をつなぐ言葉:

« 書評 和田敦彦 著『越境する書物』 | トップページ | 新刊 平松貞実 著 事例でよむ社会調査入門 »