« 広告 11年9月15日付 朝日新聞サンヤツ | トップページ | 書評 福間良明 著 『焦土の記憶』 »

2011年9月19日 (月)

書評 ドナルド・ノーマン 著『複雑さと共に暮らす』 

9784788512474 ドナルド・ノーマン 著
伊賀聡一郎・岡本明・安村通晃 訳
『複雑さと共に暮らす』

の書評が11年9月18日付 讀賣新聞書評欄に掲載されました。

・・・・・・多くのデザイナーは「扱いやすさ」を「見かけの簡単さ」と同一視するが、実際には、シンプルなものが使いやすいとは限らない。「携帯電話やマウスにボタンが一つしかないほうが操作は簡単だろうか」。アップル社で上級研究員まで務めた著者ならではの問題提起だ。

複雑さは「もの」の状態を、わかりにくさは「心」の状態を表す。両者を混同してはならない。高度な科学技術に支えられた現代では「複雑さ」は避けられないはずだ。つまり、簡素さは最終目的にはならないし、そもそも、スマートさを至上とす姿勢はまちがっている・・・・・・

《本よみうり堂》にて全文が読めます

評者は池谷裕二氏。ご書評くださいました先生、掲載紙ご担当者の方に心よりお礼申し上げます。

|

« 広告 11年9月15日付 朝日新聞サンヤツ | トップページ | 書評 福間良明 著 『焦土の記憶』 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/52769353

この記事へのトラックバック一覧です: 書評 ドナルド・ノーマン 著『複雑さと共に暮らす』 :

« 広告 11年9月15日付 朝日新聞サンヤツ | トップページ | 書評 福間良明 著 『焦土の記憶』 »