« 新刊 藤澤伸介 著 『言語力』 | トップページ | 書評 佐藤郁哉・芳賀学・山田真茂留 著『本を生みだす力』 »

2011年4月19日 (火)

新刊 石丸径一郎 著『調査研究の方法』

9784788512276 石丸径一郎 著『調査研究の方法』
──臨床心理学研究法 第5巻

見本できました。

配本日は15日、本日ごろより書店さんに並びはじめます。

 

A5判並製224頁・定価 本体2500円+税
ISBN 978-4-7885-1227-6 C3011
分野=臨床心理学・カウンセリング

◆初心者がつまずきやすい隙間を埋める!◆
日本ではじめて本格的に臨床心理学の研究法を取り上げ、好評をいただいているシリーズの第5巻です。臨床心理士になりたいと思って大学や大学院に入った学生は、臨床心理の技術を学び、より良い臨床ができるようになりたいという気持ちを持っていても、どうして研究をしなければならないのか、論文を書かなければいけないのかはわかりにくいものです。本書は、何のために、なぜ調査研究が必要なのか、その方法にはどのようなものがあるかをたんねんに解説するとともに、研究を論文にまとめるまでを実例を交えて示した入門書です。何事も本や授業で勉強したことと実際ではずいぶん異なるものですが、本書は、初学者がつまずきやすい隙間をできるだけ埋めるよう配慮して、大変実践的に書かれています。

|

« 新刊 藤澤伸介 著 『言語力』 | トップページ | 書評 佐藤郁哉・芳賀学・山田真茂留 著『本を生みだす力』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/51434548

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 石丸径一郎 著『調査研究の方法』:

« 新刊 藤澤伸介 著 『言語力』 | トップページ | 書評 佐藤郁哉・芳賀学・山田真茂留 著『本を生みだす力』 »