« 書評 フィリップ・ステッドマン 著 鈴木光太郎 訳『フェルメールのカメラ』 | トップページ | 勝手にお知らせ 全国登山口調査会編『関東周辺登山口情報』(双峰社) »

2011年1月19日 (水)

書評 桂川潤著『本は物である 装丁という仕事』

9784788512108 桂川潤著『本は物である 装丁という仕事』の書評が
「週刊朝日」2011/1/28号に掲載されました。評者は土屋敦氏。

・・・・・・本を手に持ち、その立体としての造形を存分に眺め、重みを受け止め、紙の質感を指でなぞりながらページを繰り、目に飛び込んで来る文字の配置や余白、書体の美しさを感じれば、著者の言葉がより強い説得力を持って迫って来るだろう・・・・・・

ご書評くださいました先生、掲載紙ご担当者の方に心よりお礼申し上げます。

|

« 書評 フィリップ・ステッドマン 著 鈴木光太郎 訳『フェルメールのカメラ』 | トップページ | 勝手にお知らせ 全国登山口調査会編『関東周辺登山口情報』(双峰社) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/50636580

この記事へのトラックバック一覧です: 書評 桂川潤著『本は物である 装丁という仕事』:

« 書評 フィリップ・ステッドマン 著 鈴木光太郎 訳『フェルメールのカメラ』 | トップページ | 勝手にお知らせ 全国登山口調査会編『関東周辺登山口情報』(双峰社) »