« 書評 桂川 潤著 『本は物である』 | トップページ | 書評 フィリップ・ステッドマン 著 鈴木光太郎 訳『フェルメールのカメラ』 »

2011年1月 7日 (金)

イベント情報 桂川潤 ブックデザイン展

 イベント情報です。

 2月6日まで、ブックスキューブリック箱崎店2階のギャラリーにて『本は物である 装丁という仕事』の著者である、ブックデザイナー桂川潤さんの装丁作品を集めた展覧会が開催されております。ちなみに『本は物である』は重版中、1月17日出来予定です。

ブックスキューブリック・サイト

すみません、私は行かれません。お近くの方、ぜひお立ち寄りください。


『桂川潤ブックデザイン展』
会期:2011年1月4日(火)~2月6日(日)
    11時30分~19時30分(毎週月曜休)
会場:カフェ&ギャラリー・キューブリック
    (福岡市東区箱崎1-5-14 ブックスキューブリック箱崎店2F)

桂川潤トークショー『本は物である 装丁という仕事』
日時:2011年1月18日(火)19時30分
参加費:1000円(ワンドリンク付・要予約)
予約・問合せ先:ブックスキューブリック箱崎店
TEL092-645-0630

桂川潤さんのプロフィール
東京生まれ。1985年立教大学文学部卒。キリスト教系NGOや研究所で働いた後、1995年からブックデザイン(装丁)の仕事をはじめる。
桂川潤さんのWeb site → http://www.asahi-net.or.jp/~pd4j-ktrg/

|

« 書評 桂川 潤著 『本は物である』 | トップページ | 書評 フィリップ・ステッドマン 著 鈴木光太郎 訳『フェルメールのカメラ』 »

イベントなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/50516503

この記事へのトラックバック一覧です: イベント情報 桂川潤 ブックデザイン展:

« 書評 桂川 潤著 『本は物である』 | トップページ | 書評 フィリップ・ステッドマン 著 鈴木光太郎 訳『フェルメールのカメラ』 »