« イベント情報 桂川潤 ブックデザイン展 | トップページ | 書評 桂川潤著『本は物である 装丁という仕事』 »

2011年1月17日 (月)

書評 フィリップ・ステッドマン 著 鈴木光太郎 訳『フェルメールのカメラ』

9784788512078 フィリップ・ステッドマン 著 鈴木光太郎 訳
『フェルメールのカメラ』 の書評が、2011年1月16日産経新聞に掲載されました。評者は大竹昭子氏。

・・・・・・  トレースの行為はフェルメールの価値を貶(おとし)めることにはならないと著者は考える。光は決して一定しない。つねに動きゆらめいている。手を使って投影像を描きとめた画家はその事実をしかと実感したにちがいなく、またレンズと人の眼(め)の差にも気づいたはずである。

 だから彼は投影像をそのまま描くのではなく、必要と思えば修正を加えた。眼前の「現実」と、二次元に置き換えられた「現実」とを比較分析しながら人の無意識を揺さぶる表現を追い求めたのだ。・・・・・・

ご書評くださいました先生、掲載紙ご担当者の方に心よりお礼申し上げます。

|

« イベント情報 桂川潤 ブックデザイン展 | トップページ | 書評 桂川潤著『本は物である 装丁という仕事』 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/50612623

この記事へのトラックバック一覧です: 書評 フィリップ・ステッドマン 著 鈴木光太郎 訳『フェルメールのカメラ』:

« イベント情報 桂川潤 ブックデザイン展 | トップページ | 書評 桂川潤著『本は物である 装丁という仕事』 »