« 近刊情報 佐藤健二著『社会調査史のリテラシー』 | トップページ | 読了 「いける本・いけない本」 13号 ムダの会発行 »

2010年12月24日 (金)

書評 『フェルメールのカメラ』@「日本カメラ」2011年1月号

9784788512078 『フェルメールのカメラ』の書評が
「日本カメラ」2011年1月号  BOOKREVIEW 【これを読めばスキルアップできる】に掲載されました。評者は上野修氏。

・・・・・・著者のフィリップ・ステッドマンによると、美術研究者は、すぐれた芸術家がカメラ・オブスクラのような装置を多用したことを、なかなか受け入れることができないという。

「装置を用いて生み出される像を写しとることは、近代以前の芸術的技巧の基準からすると、能力のない者だけが頼る怪しげで不正な方法であるように見える」

この偏見は、写真愛好者ならよくわかるのではないだろうか。これに対して、著者は次のように語っていて、ちょっと嬉しい。

「絵を描くためにカメラ・オブスクラを使っても、それで制作の時間が短縮できたり、技術的に容易になったりするわけではない。むしろ、時間をかけた注意深い観察と分析が必要になる」

・・・・・・絵画論というと近寄りがたい雰囲気があるが、本書は違う。カメラ好きには、絶対にオススメの一冊である。

ご書評くださいました先生、掲載紙ご担当者の方に心よりお礼申し上げます。




|

« 近刊情報 佐藤健二著『社会調査史のリテラシー』 | トップページ | 読了 「いける本・いけない本」 13号 ムダの会発行 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/50386322

この記事へのトラックバック一覧です: 書評 『フェルメールのカメラ』@「日本カメラ」2011年1月号:

« 近刊情報 佐藤健二著『社会調査史のリテラシー』 | トップページ | 読了 「いける本・いけない本」 13号 ムダの会発行 »