« 角川財団学芸賞 小熊英二氏『1968』(新曜社刊) 選評 | トップページ | 近刊情報 佐藤健二著『社会調査史のリテラシー』 »

2010年12月21日 (火)

◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第106号■

2010年12月21日発行 メール版 第106号
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第106号■

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
_________________________________

◇トピックス
_________________________________

●書評など
馬場公彦著『戦後日本人の中国像』(定価7140円)の書評が下記掲載されま
した。12月中旬、重版できました。同書は毎日新聞の「今年の3冊」にも選
ばれております(張競氏評)。

2010年12月5日付 朝日新聞に書評掲載

週刊読書人2010年11月19日号

『フェルメールのカメラ』(P・ステッドマン著・3360円)
日本経済新聞2010年11月28日付に書評掲載されました。


ほか『本は物である』(桂川 潤著・2520円)の動きが好調です。




小熊英二著『1968』が第8回角川財団学芸賞を受賞いたしました。
選評など
http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-f66f.html




●フェア情報
弊社も加入しております「心理学書販売研究会」のフェアを、紀伊國屋書
店新宿本店5階エレベーター前にて行います。会発足10周年を記念いた
しまして、さまざまなテーマでフェアを展開中です。

12月24日-1月30日から第2弾が始まります。ぜひお立ち寄りくださいませ。

心理学書販売研究会



_________________________________

◇近刊情報
_________________________________


1月中旬取次店搬入
------------------------------------------------------------

『社会調査史のリテラシー』
――方法を読む社会学的想像力
------------------------------------------------------------
佐藤健二著
A5判上製600頁・定価6195円(税込)
ISBN 978-4-7885-1219-7  978-4-7885-1219-1 C1036
分野=社会学・現代思想


◆フィールドワークをフィールドワークする

調査にもとづいて数値を示すことは、説得力ある発言には欠かせないものです
が、つい百年前には「調査」そのものが目新しいことでした。本書は、黎明期
の貧民窟探訪、東京繁昌記、考現学などから、第一回国勢調査(一九二〇年)
をへて、戦後の民主化との関係でブームとなった世論調査まで、社会調査の歴
史を「方法」という観点からたどったものです。たとえば国勢調査の調査員を
めぐる抱腹絶倒のエピソードから、当時のひとびとの調査に対する感受性を掘
り起こしたり、観察、統計、図表化、地図、スケッチ、写真、索引など調査に
必須の道具・手法のもつ意味にも目を向けて、読ませます。一貫して、具体的
なモノとコトをめぐる考古学的志向にもとづいて、社会調査の歴史を考えるこ
とが「社会学」そのものであることを説得的に明らかにした、著者会心の書と
いえましょう。




1月中旬取次店搬入
------------------------------------------------------------

『ワードマップ 防災・減災の人間科学』
――いのちを支える・現場に寄り添う
------------------------------------------------------------
矢守克也・渥美公秀 編著  近藤誠司・宮本匠 著
四六判並製288頁・定価2520円(税込)
ISBN 978-4-7885-1218-4 C1036
分野=心理学・教育・都市問題


◆災害の現場と研究の新たな関係

「災害大国」と言われる日本。多くの悲惨な経験を受け、防災・減災を目標に
した研究や活動が日々続いています。しかし、計画性や効率性、そして万全の
正しさを求めすぎると、それらも、被災した現場や、災害に備える現場からは、
かけ離れたものになってしまいます。著者らは、現場に関わるなかで生まれた
反省を手がかりとして、「恊働的実践」と「アクションリサーチ」という2つ
のキーワードを軸に、防災・減災への取り組み方を徹底的に再考します。防災
心理学、災害社会学、リスク・コミュニケーションなど旧来の研究分野の枠を
超え、災害の現場に寄り添い、現場とともに考えるためのキーワード集です。




1月中旬取次店搬入
------------------------------------------------------------
看護・介護・保育の心理学シリーズ 第4巻
『生活の質を高める教育と学習』
――よりよいヒューマン・ケア実践をめざして
------------------------------------------------------------
岡堂哲雄 監修/廣瀨清人 編
A5判並製248頁・定価2310円(税込)
ISBN 978-4-7885-1217-7 C1011
分野=看護・介護・保育・心理学


◆看護・介護・保育の心理学シリーズ 第4巻

第二回配本の本書は、看護師・介護福祉士・保育士・そして社会福祉士・精神
保健福祉士・理学療法士・作業療法士など、広くヒューマン・ケア実践に携わ
る方々を対象に、患者さんの生活の質を高めるための心理学的な理論と方法に
ついて、ケアの事例を交えて解説しました。

実践の基礎となる理論を解説する「総論」、ケアを受ける患者さん特有のライ
フステージを理解する「生涯発達」、慢性期疾患別・障害別に患者さんのケア
な社会環境に焦点を当てた「コミュニティ」の四つの軸に沿い、実践のコツを
わかりやすく解説しています。

看護・介護・保育の心理学シリーズ



_________________________________

◇編集後記


今回ご紹介いたしましたが、佐藤健二著『社会調査史のリテラシー』、が来年早
々に刊行されます。『読書空間の近代』(弘文堂)で知られる著者 が、柳田國
男「遠野物語」より100年後に本書を刊行することを勝手に意義深く感じており
ます。                            

さて今年最後の新刊案内となりましたが、出版・書籍に携わる人にとって、電子
書籍の衝撃!からはじまった一年でしたが、弊社でも、図版、動画 などと連携
した書籍企画で、書籍にするとかなりお金がかかるので、デジタルコンテンツと
して製作できないか、と検討、試行錯誤した書籍がある のですが、制作費が書
籍と同等あるいはそれ以上かかることを知り、そんな簡単じゃないよなあ、とあ
らためて思いいたった年の瀬です。餅は餅屋 というところでしょうか。

ともあれ一年出版活動を続けられてきた幸運に感謝しつつ、来年度もよろしく
お願い申し上げます。                   (中山)
___________________________________

◇奥付
___________________________________

□電子メールマガジン:「新曜社<新刊の御案内> 」(不定期発行)
□HPアドレス http://www.shin-yo-sha.co.jp/
□blog:新曜社通信 http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/
□twitterもよろしく:http://twitter.com/shin_yo_sha
□このメルマガは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
□購読・解除・変更手続きは http://www.mag2.com/ より行って下さい。
□掲載された内容を許可無く転載することを禁じます。
□発行:株式会社新曜社 営業部
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町 2-10
電話  03(3264)4973(代)
FAX 03(3239)2958
e-mail info@shin-yo-sha.co.jp
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
□次回発行は2011年1月下旬を予定しております。

|

« 角川財団学芸賞 小熊英二氏『1968』(新曜社刊) 選評 | トップページ | 近刊情報 佐藤健二著『社会調査史のリテラシー』 »

新刊案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/50359200

この記事へのトラックバック一覧です: ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第106号■:

« 角川財団学芸賞 小熊英二氏『1968』(新曜社刊) 選評 | トップページ | 近刊情報 佐藤健二著『社会調査史のリテラシー』 »