« ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第103号■ | トップページ | 新刊 足立重和 著『郡上八幡 伝統を生きる』 »

2010年8月 8日 (日)

書評 小熊英二著『1968』

小熊英二著『1968』
が2010年8月8日付朝日新聞書評欄「ゼロ年代の50冊 2000-2009」にとりあげられました。ともに掲載されている原武史氏の『滝山コミューン一九七四』(講談社)とともに「同じ62年生まれの気鋭の学者二人が、まったく対照的な方法でそれぞれの年の歴史性にアプローチした著作である」とご紹介いただきました。

・・・・・・50冊アンケートでは、ジャーナリストの佐々木俊尚さん「70年代からゼロ年代にいたる日本の言論――r論壇、マスメディア、市民運動の立脚点がどこにあったのかを、本書は冷酷なまでに暴露している。現代日本社会の精神風景をみごとに解き明かした大作」と評価。学習院大学教授の井上寿一さんも、「戦後最大の社会変動の『物語』を描き切った名作。歴史叙述に必要なあらゆる要素を満載している。歴史社会学が到達した大きな道標となるに違いない」と賛辞を惜しまない

>>>>書評全文を読む

読者の方の感想もいくつかお寄せいただいており、とてもありがたいです。
評者の先生方、書評紙ご担当者の方に心よりお礼申し上げます。

>>>>『1968』関連の記事を読む

|

« ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第103号■ | トップページ | 新刊 足立重和 著『郡上八幡 伝統を生きる』 »

1968」カテゴリの記事

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/49093207

この記事へのトラックバック一覧です: 書評 小熊英二著『1968』:

« ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第103号■ | トップページ | 新刊 足立重和 著『郡上八幡 伝統を生きる』 »