« 偽メールアドレスでのスパム情報  | トップページ | 新刊 井頭昌彦著 『多元論的自然主義の可能性』 »

2010年8月26日 (木)

「40周年記念号」出版ニュース8月下旬号 2010年

出版ニュース8月下旬号 2010年に、
新曜社創業40周年、の記事を掲載いただきました。ありがとうございます。

心理学、認知科学を大きな柱に幅広い分野で、゙有用な存在たりうるこどを志し奮闘を続けている新曜社は昨年40周年を迎えた。『新曜社総合図書目録40周年記念号』(A5判・190頁 頒価記載なし)が興味深い特集を組んでいる。

 インターネットや携帯電話など文字情報に触れる機会は多様化し、また今年は電子書籍元年と言われるなど、新たな本のかたちが浸透しつつある。こうしたなか従来の「紙の本」は役割を終えるのであろうか?

 特集「本というメディア」は、同社と関係のある著者が、紙の本をめぐるエピソードや、知を担うメディアについて豊富な読書体験を背景に論じている。・・・・・・

冒頭の「心理学、認知科学を大きな柱に」というところ、おお、そういうふうに見られているのかと気づかせていただき、新鮮でした。関係者、図書館、読者カードをお寄せいただいた方々にお送りいたしました。残部わずかです。ご希望の方はメールにて、郵便番号・ご住所・お名前を明記の上、お知らせください。(お名前のないケースが結構あるのです・・・・)

下記に目次を掲載いたします

特集 本というメディア

麻生武――活字が立ち上がる不思議
上野千鶴子――書物という伝統工芸品
子安増生――新曜社との四〇年
小谷野敦――売れる本売れない本
佐藤郁哉――「物語」のメディアとしての本
佐藤健二――紙の書物という安定したシステムの遺産
佐藤卓己――国民読書年に「本はメディアか」を問う
下山晴彦――本のいのち――本というメディアを考える
鈴木光太郎――一冊だけの本を作る
高野陽太郎――書物における具象と抽象
德永恂――本は烈しく読むべかりけり――本の読み方と十代の私と
野島久雄――古くなるもの・ならぬもの
無藤隆――子どもから始まる、本を読む経験、書く経験
村上陽一郎――本とは何だろうか
山下晋司――本というシステムの変容――二十一世紀日本における生存戦略
山田昌弘――寝しなに読む本
やまだようこ――本というメディアとネット社会
和田敦彦――書物を我らに

|

« 偽メールアドレスでのスパム情報  | トップページ | 新刊 井頭昌彦著 『多元論的自然主義の可能性』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/49255290

この記事へのトラックバック一覧です: 「40周年記念号」出版ニュース8月下旬号 2010年:

« 偽メールアドレスでのスパム情報  | トップページ | 新刊 井頭昌彦著 『多元論的自然主義の可能性』 »