« 心理学ワールド 日本心理学会編集/発行 | トップページ | 人を伸ばす力 »

2010年7月23日 (金)

書評 『出口のない夢』

9784788511941 クラウス・ブリンクボイマー 著 渡辺一男 訳
『出口のない夢』
の書評が北海道新聞に掲載されました。

2010年7月18日付、評者は林 克明氏。

・・・・・・サハラ砂漠で倒れた人は、熱砂と乾きに耐えられずガソリンを飲んで死に、ある人は目的地を目前にしてゴムボートが転覆して命を落とす。ある者は、何度も拘束され強制送還され、危険に直面しても、また過酷な旅を続ける。あたかも出口のない迷路をさ迷うかのように。その迷路から脱け出す確実な手段は、パラダイスに移住する夢を捨てることである。それなのに、なぜ夢を求めるのか。ある男は言う。
「私は生き延びることが出来る場所に行こうと思ったのだ。要求が高すぎるということはないだろう?」・・・・・・

掲載紙ご担当者さま、評者の先生に心よりお礼申し上げます。

|

« 心理学ワールド 日本心理学会編集/発行 | トップページ | 人を伸ばす力 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/48953588

この記事へのトラックバック一覧です: 書評 『出口のない夢』:

« 心理学ワールド 日本心理学会編集/発行 | トップページ | 人を伸ばす力 »