« 書評 『よい教師をすべての教室へ』 | トップページ | 書評 小熊英二著『1968』 »

2010年5月16日 (日)

書評『マックス・ウェ-バ-と妻マリアンネ ― 結婚生活の光と影』

遅まきながら、5月5日 2010年付

紀伊国屋書店「書評空間」BOOKLOG

にてクリスタ・クリューガー『マックス・ウェ-バ-と妻マリアンネ ― 結婚生活の光と影』が、に書評掲載されました。評者は中山元氏。

「サブタイトルで引かないように」

 ウェーバーの伝記は、妻のマリアンネのものが圧倒的な詳しさと当事者性から確固とした地位を占めている。しかし妻が書いたものだけに、どうしてもぼかされてしまうところ、描かれないところというものもでてくるものである。本書は、著者がさまざまな関係者の証言や、家族や友人宛ての書簡を発掘して、別の面からウェーバーとその妻の生涯に光を当てようとする。・・・・・・

掲載サイトご担当者様、ご書評くださいました先生に心よりお礼申し上げます。

弊社中山元氏の著作

『思考のトポス』

『フーコー 思考の考古学』

|

« 書評 『よい教師をすべての教室へ』 | トップページ | 書評 小熊英二著『1968』 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/48371368

この記事へのトラックバック一覧です: 書評『マックス・ウェ-バ-と妻マリアンネ ― 結婚生活の光と影』:

« 書評 『よい教師をすべての教室へ』 | トップページ | 書評 小熊英二著『1968』 »