« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

新刊 海保博之 監修 『ワードマップ ポジティブマインド』

9784788511958 新刊
海保博之 監修『ワードマップ ポジティブマインド』
の見本が出来ました。配本日は4月1日、書店さん店頭へは3,4日後です。
ISBN 978-4-7885-1195-8 46判230頁・本体2000円+税

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月30日 (火)

新刊 マイケル・シーガル 著 『子どもの知性と大人の誤解』

9784788511934 マイケル・シーガル 著/外山紀子 訳
『子どもの知性と大人の誤解』――――子どもが本当に知っていること
見本出来ました。配本は4月1日です。書店さん店頭には翌週、5日ごろでしょうか。 ISBN 978-4-7885-1193-4 46判344頁・定価 本体3300円+税

弊社からはM・シーガルの『子どもは誤解されている』を刊行していましたが、現在品切重版予定なしとなっております。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

新刊 岡堂哲雄 監修/菅 佐和子 編『心理臨床的支援の方法』

9784788511972_2 岡堂哲雄 監修/菅 佐和子 編『心理臨床的支援の方法』
――カウンセリングのすすめ

の見本が出来ました。

A5判216頁・定価 本体1900円+税  ISBN 978-4-7885-1197-2

配本日は4月1日です。書店さん店頭には翌週5日頃でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第101号■

2010年3月24日発行 メール版 第101号
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第101号■

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
_______________________________

◇トピックス
_______________________________

●昨年6月に刊行されました『幸せを科学する』(大石繁宏著・定価2520円)
3刷目の重版できました。今年の1月27日付讀賣新聞「くらし面」で記事とし
てとりあげられましたが、今月21日、朝日新聞でも、同様の記事が出るとのこ
と。政府が幸福度調査をおこなうという話もあり、今後のトピック本としてご
推薦いたします。

http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-b5cb.html

笑いを科学する(木村洋二編・定価2940円)、重版できました。


●フェアのお知らせ

心理学書販売研究会×紀伊國屋書店
「おすすめ心理学書フェア 2010」

期間 2010年3月8日(月)~5月9日(日)
開催店 紀伊國屋書店新宿南店5階 心理学書売場

(TEL;03-5361-3301 
営業時間 平日・日曜/10:00~20:00 土曜/10:00~20:30)

紀伊國屋書店と心理学書販売研究会が強力タッグを組んだ!

心理学の専門書の普及・販売に力を注ぐ有志出版社の集まりである「心理学書
販売研究会」と紀伊國屋書店が太鼓判を押す心理学書が一堂に会します。
フェア会場のみの特典として、紀伊國屋書店・心理学書販売研究会が共同で製
作したオリジナルカタログ『心理学 新刊・基本図書カタログ2009/2010』を
無料配布。さらに、ご希望のお客様には、協賛15社による心理学専門書3,500
点のリストを収録したCD-R(Excel方式)を差し上げます。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

心理学書販売研究会 加盟15出版社 (50音順)
明石書店 岩崎学術出版社 金子書房 川島書店 金剛出版 人文書院 新曜
社 誠信書房 創元社 東京大学出版会 ナカニシヤ出版 日本評論社 日本
文化科学社 みすず書房 ミネルヴァ書房

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

紀伊國屋書店新宿南店「おすすめ心理学書フェア」サイト



________________________________

◇近刊情報
________________________________

●「看護・介護・保育の心理学(全4巻)」 刊行
看護学生、若いナース(看護師・保健師・助産師)介護福祉士、保育士に必須
の心理学的知識・技法に関する学習を支援する
新しいシリーズ「看護・介護・保育の心理学」全4巻
が始まります。順次刊行してゆきます。

第1巻 志賀令明 編
『人間理解の心理学』──病者・クライエントと援助専門家

病者・クライエントはもとより、看護師・介護福祉士〈援助専門家〉・保育士
を含めて、人間を理解するために必須の心理学的基礎知識を読みやすく解説し
ます。


第2巻 菅 佐和子 編
『心理臨床的支援の方法』──カウンセリングのすすめ

病者、高齢者や家族・子どもの心理を理解し、的確に支援するために必要な臨
床心理の知識と方法を解説します。


第3巻 村尾泰弘 編
『人間関係の心理と支援』──グループ・アプローチのすすめ

病者・高齢者や家族、子どもとの関係、病院・診療所・保健所、介護福祉施設、
保育所等での同僚や他の職種の人々との関係について、社会心理学・グループ
ダイナミックスの知見に準拠し解説します。


第4巻 廣瀬清人 編『生活の質を高める教育と学習』

看護師、介護福祉士、保育士には、病者・高齢者や家族、子どもに、たとえば、
ヘルシーな生活習慣の習得を支援する
など、教育的な介入が期待されています。この期待に添って、教授と学習に関す
る心理学的な理論と方法について実践的に解説します。



4月上旬発売予定  第1回配本
------------------------------------------------------------
看護・介護・保育の心理学 2
心理臨床的支援の方法
──カウンセリングのすすめ
------------------------------------------------------------
岡堂哲雄 監修/菅 佐和子 編
A5判並製216頁・定価1995円(税込)
ISBN 978-4-7885-1197-2 C1011
分野=看護・介護・保育


第1回配本の本書は、病者・高齢者や家族、子どもの心理を理解し、的確に支
援するために必要な臨床心理の知識と方法を解説しました。ヒューマン・ケア
の現場では、とかく「人柄」「経験」が重要とされますが、カウンセリングの
知見と応用のポイントを学ぶことによって、感情交流の質を上げるためのより
たしかな方法を身に付けることができます。編者は、京都大学医学研究科看護
科学コース教授。



4月上旬発売予定
------------------------------------------------------------
ねむり学入門
──よく眠り、よく生きるための16章
------------------------------------------------------------
神山 潤 著
四六判並製216頁・定価2310円(税込)
ISBN 978-4-7885-1190-3 C1047
分野=家庭医学・脳科学・社会学

◆「生体時計」を考慮して生きる

なぜヒトは「夜ふかし朝寝坊」になりやすいのか? 徹夜の運転は酒気帯び運転
より危険? 寝不足は肥満と老化の元? 睡眠と成長ホルモン分泌の関係は?
──思いこみで語られがちな「睡眠」をめぐる科学的知識を、最新の睡眠研究
のデータを挙げつつ懇切に紹介します。自分の身体の声を聴くことを忘れた現
代人への、「生体時計」を考慮した生き方のすすめ。著者は米国で睡眠の基礎
的研究に従事し、帰国後、日本の子どもたちの遅寝遅起きの実態に衝撃を受け
て「子どもの早起きをすすめる会」をたちあげ、精力的に啓蒙活動を続けてい
る小児科医です。現在は東京ベイ・浦安市川医療センター センター長。




4月中旬発売予定
------------------------------------------------------------
虐待をこえて、生きる
──負の連鎖を絶ち切る力
------------------------------------------------------------
内田伸子・見上まり子 著
四六判並製260頁・定価1995円(税込)
ISBN 978-4-7885-1198-9 C1011
分野=心理学・子育て

◆子どもは、大人が思うほど子どもではない!

毎日のように、親による子の虐待が報じられています。しかし世間に知られる
虐待は氷山の一角にすぎません。家庭という密室で、力のしつけや心理的虐待
を受けている子どもが増えています。虐待は、子どもの心とからだに埋め込ま
れ、負の記憶となって、次代の子供の虐待に繋がることが少なくありません。
本書は、ひどい虐待にあった子どもたちも支援を得て立ち直ることができるこ
とをはっきりと示す心理学者の報告と、虐待を受けたために人生に自信を持て
ず、わが子にひどくあたってしまった母親の自己回復の手記です。負の連鎖を
断ち切る力とは何かについて、深く教えてくれる一冊です。第一著者の内田氏
は、お茶の水女子大学教授。



4月中旬発売予定
------------------------------------------------------------
ワードマップ 認知的個性
──違いが活きる学びと支援
------------------------------------------------------------
松村暢隆・石川裕之・佐野亮子・小倉正義 編
四六判並製280頁・予価2625円(税込)
ISBN 978-4-7885-1199-6 C1037
分野=教育・障害支援

◆誰もがもっている認知的個性という才能!

これまで日本の教育では、才能教育と、発達障害や学習障害支援とがまったく
別の実践として捉えられてきました。しかし才能も発達障害も、個人のもつ多
様な「認知的個性」として捉え直すと、才能教育・個性化教育を含む通常教育、
発達障害に関わる特別支援教育・精神医学等、いままで個別に処遇されてきた
ことがらが見事につながり、それぞれの研究と教育的実践の関連がはっきりと
見えてきました。本書が提唱する「認知的個性」という概念は、必ずや教育界
に新風を巻き起こすでしょう。代表編者松村は関西大学教授。



________________________________

◇編集後記

前号でおこないました、100号記念! プレゼント企画ですが、多くのご応募を
いただきました。ご応募くださいましたみなさまに心よりお礼申し上げます。

当選でお送りした書籍は以下の通りです。

リクール『記憶・歴史・忘却』上巻
林 香里『マスメディアの周縁、ジャーナリズムの核心』
ライダー・デュー 著/中山 元 訳『ドゥルーズ哲学のエッセンス』

こうした企画をときどきやっていきたいと思いますので、
ひきつづき当メールマガジンをよろしくお願いいたします。(営業部 中山)
_______________________________

◇奥付
________________________________

□電子メールマガジン:「新曜社<新刊の御案内> 」(不定期発行)
□HPアドレス http://www.shin-yo-sha.co.jp/
□blog:新曜社通信 http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/
□twitter:http://twitter.com/shin_yo_sha
□このメルマガは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
□購読・解除・変更手続きは http://www.mag2.com/ より行って下さい。
□掲載された内容を許可無く転載することを禁じます。
□発行:株式会社新曜社 営業部
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町 2-10
電話  03(3264)4973(代)
FAX 03(3239)2958
e-mail info@shin-yo-sha.co.jp
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
□次回発行は2010年4月下旬を予定しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

お知らせ 「「QDAソフトウェア入門」改訂

佐藤郁哉著『QDAソフトを活用する 実践 質的データ分析入門』
『質的データ分析法』の姉妹版である

「QDAソフトウェア入門」を改訂、アッ プいたしました。(2010.3.23)

関連資料ダウンロードページへ

注 ※ 2010年3月15日に新バージョンであるMAXQDA10がリリースされた。それにともなって、本マニュアルも今後アップデートする予定であるが、今回 はとりあえずMAXQDA10の無料体験版のダウンロードとインストールの方法についてのみ11ページから17ページにかけて解説した(他の部分は MAXQDA2007用の解説のままである)。なお、基本的な操作法に関しては、MAXQDA10と前バージョンのMAXQDA2007の間にはかなりの 共通点がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

朝日新聞記事 「「幸せ」の指標、なぜ注目?」 

「幸せ」が注目されているらしい。国や自治体が相次いで幸福感や幸福度の調査を始めている。「不安時代の幸福論」とうたった勝間和代さんVS香山リカさんの論争が話題になり、論壇誌や科学誌で幸福特集が組まれる。なぜ今、なのか。幸せを測ることは、可能なのだろうか・・・・・・」

朝日新聞 2010年3月20日付 文化欄 文化特捜隊「「幸せ」の指標、なぜ注目?」 という記事が掲載されました。

弊社『幸せを科学する』の著者、大石繁宏氏もいちぶコメントしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

朝日新聞サンヤツ広告 2010年3月19日掲載

Adt201003180003 朝日新聞サンヤツ広告 2010年3月19日掲載 朝刊 東京本社版
(大阪、名古屋、西部本社版 3月23日掲載)うちました。

『質的心理学研究第9号』は19日配本、
『心理臨床的支援の方法』にいたっては近刊紹介と言うことで、書店店頭にはなく、書店さま、ご迷惑をおかけいたします。ご容赦ください

通常できないシリーズの刊行予定をぜいたくにした広告。掲載予定の新刊が刊行されなかったためではありません、念のため。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

日本質的心理学会 編 『質的心理学研究 第9号』

9784788511897 日本質的心理学会 編

『質的心理学研究 第9号』

B5判220頁・定価2940円 ISBN 978-4-7885-1189-7

の見本ができました。配本は3月18日です。書店さん店頭へは翌週あたり届きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

お知らせ 模索舎40周年イベント

イベントのお知らせです。

【模索舎40周年イベント】

40年目の、シコシコ・模索舎

とき:3月22日(月・祝) 12:30開場 13:00スタート
ところ:大久保地域センター 多目的ホール
http://www.h2.dion.ne.jp/~aa-kkse/ookubo_a.htm
東京都新宿区大久保2丁目12-7
(JR新大久保駅徒歩8分 地下鉄副都心線東新宿徒歩5分
地下鉄大江戸線東新宿徒歩8分)

資料代:500円/カンパ歓迎!

主催:模索舎/模索舎再建実行委員会
連絡先:模索舎 tel.03-3352-3557 URL.http://www.mosakusha.com/

第1部 13:20~14:50
模索舎の時空間をめぐって

<出演者>
五味正彦(模索舎元代表)
平井玄(音楽批評家)
矢部史郎(模索舎元舎員)

第2部 15:20~16:50
勝手に生きよ/人生!

<出演者>
廣瀬純(映画批評家)
五所純子(文筆業)
アサダワタル(日常編集家)

<40周年イベントに際して> 

 模索舎は今年で創立40周年を迎えました。
 1970年に「情報センターへのシコシコ・模索舎」として設立され、
これまで存続してこられたのも、皆様の温かいご支援の賜物です。
謹んで感謝申し上げます。

 しかしながら現在、模索舎の経営は逼迫しています。
 オンライン通販や大型書店による寡占化、
未曾有の出版不況が加速度的に進むなか、売り上げの落ち込みは深刻であり、
40年にあたる今年の10月に果たして存続できているか、確約できない状況です。

 3人の舎員で話し合いを重ねましたが、
もはや舎員だけの経営努力では存続は困難であり、抜本的な改革が必要だ、
という結論にいたりました。
そこで舎外にも協力を求め、有志により再建実行委員会を結成し、
組織運営や活動のあり方に関して何度も協議を重ねて参りました。

 模索舎は通常の書店とは異なり、取次(卸業者)を経由せず、
出版社や制作者の方々と直接取引し、
一般書店では置かれない少部数の出版物やミニコミを、
原則無審査で店頭に置いています。
小流通と無審査にこだわるのは、
商業的な流通システムから弾かれる出版物も貴重な民衆の財産であり、
表現の自由を保障する場であることを、その理念に掲げているからです。

 出版の世界は激動期にあり、
創立40周年は模索舎にとって非常に厳しい試練の年となると思われます。
そこで、まずは40周年を乗り切り、再出発を図るため、
当イベントを開催することとしました。

第一部では、世の中や暮らしのあり方を捉え返す場としての
模索舎の実践を振り返り、
第二部では現下の時代・社会状況のなか、
模索舎がいかなる場=メディアであり得るのか、
率直に討議できる場にできればと思います。

 またイベント開催後も、運営のあり方を見直し、
より多くの方々の参加を得ながら、
再生のための動きを作り出していく所存ですが、
そのためにも皆様の後押しがどうしても欠かせません。
カンパのお願い、サポーターズクラブの開設、イベントの開催など、
追ってブログ等でご案内させていただきたいと思います。

 改めてこれまでのご愛顧に感謝申し上げますとともに、
いま一度のご支援をお願いいたします。

40周年ブログ
http://www.mosakusha.com/mosakusha40/

ミニコミ・少部数流通出版物取扱書店 模索舎
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-4-9  電話03-3352-3557  fax050-3505-8561
営業時間 11:00~21:00 URL:http://www.mosakusha.com


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

新刊 渡邊芳之 著 『性格とはなんだったのか』

渡邊芳之 著
『性格とはなんだったのか――――心理学と日常概念』
46判226頁・定価 本体2200円+税
ISBN 978-4-7885-1188-0
の見本が出来ました。
取次店・販売会社搬入は3月10日です。書店さん店頭には2,3日後となります。

9784788511880_2


       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

書評 ジャクリーン・ローズ 著/鈴木 晶 訳『ピーター・パンの場合』

ジャクリーン・ローズ 著/鈴木 晶 訳

『ピーター・パンの場合』の書評が「週刊読書人」10/3/5号に掲載されました。評者は安達まみ氏。

       

原著は1984年に刊行され、児童文学批評史に残る記念碑的な研究書。著者ジャクリーン・ローズは現在ロンドン大学クイーン・メアリー・コレッジ英文科教授。本書をひっさげて論壇にデビューし、その挑発的な主張により児童文学や文学批評の世界で物議をかもした。本書は「児童文学」という概念を無批判に受けとめ、その中に無垢な子どものイメージを見出そうとする大人の姿勢に警鐘を鳴らし、ロックの経験主義的認識論やルソーの幼児教育論にまでさかのぼって論述し、おとなの欲望により捏造された子どもの〈無垢〉の神話の虚構性を暴く。現在もなお登場時のインパクトを失わず、英語圏の大学の児童文学クラスにおいてカルチュラル・スタディーズの必読書でありつづけている。・・・・・・

作者バリの手を離れ文化的フェティッシュとして無限に増殖し流通するピーター・パンが、にもかかわらず単一性を表象すると見なされるのは、なにを意味するのか。ローズの矛先は、階級やセクシュアリティの問題を含めた言語政策、教育理論、文学的堕落と文化的腐敗への教育的・政治的配慮、商業など社会・文化のあらゆる側面に向けられる。・・・・・・

 ご掲載誌ご担当者さま、評者の先生にこころよりお礼申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

新曜社のロゴ

Logol 新曜社のロゴです。このロゴと社名の由来はながらく不明でしたが、図書館流通センターが発行している「ほんわか だより」平成2年8月25日 47号に記述があるのを発見いたしました。せっかくですので、ここに引 用します。

「(マークは)社名3文字の頭文字S・Y・Sで、デザインは画家の服部宏さん。「曜」は「ひかり」という字義を持ち、マークの天に開かれた形によって、無 窮の未来に向かって光を放ちたいという、気宇壮大な抱負をあらわしています」

「気宇壮大な抱負」というところが、たまりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

幸福度調査 幸福をいかに測るか

政府による成長戦略の指標として「幸福度調査」が話題になっております。

「幸せ? そんな調査より具体的な施策をしろ」と一部で早くも叩かれておりますが、こういった調査というのは民間ではなかなかできないので、ぜひ実施していただきたく、かげながら応援させていただきます。

個人的にはどうでしょうか? まあいろいろ憂いはありますが、幸せなんじゃないかなあとこたえておきます。

さて今月号の雑誌「科学」(岩波書店 2010・3)の特集は、幸福の感じ方・測り方です。
[幸福感の心理学]
[幸福感と脳]
[幸福・健康と社会疫学]
[社会と幸福]
の章立てです。

弊社、『幸せを科学する』の大石繁宏先生、『文化と実践』の北山忍先生が[幸福の心理学]に寄稿されております。時宜を得た特集です、ぜひご一読くださいませ。

また某書店さんにて、幸せフェアを企画中です。詳細は後日お知らせいたします。

9784788511545_2

9784788511866_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »