« 新刊 菅佐和子・相澤直樹・播磨俊子・北田雅・住田竹男 著『職場のメンタルヘルス相談室』 | トップページ | ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第97号■ »

2009年9月14日 (月)

書評 デニス・ノーブル 著/倉智嘉久 訳『生命の音楽』

「私も」プロセスという生命観
「人のゲノム(全遺伝子情報)が解読された今だからこそ、読んでおきたい一冊。文中の言葉を借りれば「遺伝子がすべてをプログラムする」という見方に対して「解毒剤」を処方する。著者は、心筋の生理が専門の英オックスフォード大名誉教授。心拍のような機能では、多くの遺伝子が同時に働く。体のシステムづくりの鍵は「個々の遺伝子ではなく、それらの発現のパターン」だという。「生命を構成成分の集合としてではなく全体として見る」立場だ・・・・・・」

デニス・ノーブル 著/倉智嘉久 訳 『生命の音楽』の書評が09年9月13日付朝日新聞に掲載されました。評者は尾関章氏。

ご書評くださいました先生、掲載紙ご担当者さまに深くお礼申し上げます。

9784788511729

|

« 新刊 菅佐和子・相澤直樹・播磨俊子・北田雅・住田竹男 著『職場のメンタルヘルス相談室』 | トップページ | ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第97号■ »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/46207875

この記事へのトラックバック一覧です: 書評 デニス・ノーブル 著/倉智嘉久 訳『生命の音楽』:

« 新刊 菅佐和子・相澤直樹・播磨俊子・北田雅・住田竹男 著『職場のメンタルヘルス相談室』 | トップページ | ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第97号■ »