« いける本・いけない本 10号 ムダの会発行 | トップページ | 新刊『ママンへの手紙』 »

2009年6月29日 (月)

新刊 『生命の音楽』

デニス・ノーブル 著/倉智嘉久 訳
『生命の音楽』
――ゲノムを超えて:システムズバイオロジーへの招待
の見本できました。7月1日配本予定です。書店さん店頭には2,3日後でしょうか。

9784788511729 「遺伝子は生命のプログラム? 遺伝子は利己的? ゲノムから進化まで、これまでの定説をくつがえし、「生命とは何か」への新しい理解をもたらしつつある統合的生命科学への誘い」本書オビより

とてもキレイな書籍になりました。
今年2009年7月27日-8月1日に国立京都国際会館で開催されます、第36回国際生理学会世界大会(IUPS2009)のため、著者ノーブル氏来日予定とのこと。


|

« いける本・いけない本 10号 ムダの会発行 | トップページ | 新刊『ママンへの手紙』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/45489712

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 『生命の音楽』:

« いける本・いけない本 10号 ムダの会発行 | トップページ | 新刊『ママンへの手紙』 »