« Wさんのこと | トップページ | 書評 『モダニティの想像力』 »

2009年6月18日 (木)

◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第95号■

2009年6月18日発行 メール版 第95号
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第95号■

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
_______________________________

◇トピックス
_______________________________

●書評
許憲春著『詳説 中国GDP統計』の書評が、
2009年6月16日付「エコノミスト」に掲載されました。

●ブックフェア
来る2009年7月9日(木)~12日(日)10:00から-18:00
東京ビッグサイトにて第16回東京国際ブックフェアが開催されます。

今回初めて小社も出展いたします。
版元ドットコムさんのブースで一棚借りての出展です。
よろしくお願いします。

新曜社の場所(pdfファイルです)
若干数招待状がございます、ご希望の方はお送り先を明記の上、ご連絡
ください。
________________________________

◇近刊情報
________________________________


上巻 7月上旬発売予定/下巻 7月末発売予定
------------------------------------------------------------
『1968〈上〉』
 ――若者たちの叛乱とその背景

------------------------------------------------------------
A5判上製1092頁・定価7140円(税込)
ISBN 978-4-7885-1163-7 C1030
分野=近現代史・社会学

------------------------------------------------------------
『1968〈下〉』
 ――叛乱の終焉とその遺産

------------------------------------------------------------
小熊英二 著
A5判上製1008頁・定価7140円(税込)
ISBN 978-4-7885-1164-4 C1030
分野=近現代史・社会学


◆「団塊の世代」に贈る、「記念碑的」著作

「1968年」に象徴される「あの時代」、全共闘運動から連合赤軍に
いたる若者たちの叛乱を全体的に扱った、初めての「研究書」です。本
書は、「あの時代」を直接知らない著者が、当時のビラから雑誌記事・
コメントなどまで逐一あたって、あの叛乱がなぜ起こり、何であったの
か、そして何をもたらしたのか、を時代の政治・経済的状況から文化的
背景までを検証して明らかにします。その説得力には、正直驚かされま
す。また読み物としても、『〈民主〉と〈愛国〉』で証明済みですが、
その二倍の頁数の本書においても、まったく飽きさせることなく一気に
読ませてくれます。

上巻では、団塊の世代の幼少期の時代的文化的背景から説き起こして、
安保闘争から日大闘争、安田講堂攻防戦までを、高度成長期への集団的
摩擦現象として描きます。

下巻では、新宿事件、爆弾事件、ベ平連、ウーマン・リブ、そして連合
赤軍を取り上げ、「あの時代」の後半期に起きたパラダイム転換が、後
世に何を遺したのか、その真の影響を明らかにします。そこではじめて、
ある意味で局所的な事象にすぎなかった「あの叛乱」を取り上げた今日
的な意味が浮かび上がります。

詳細目次ほか

7月上旬発売予定
------------------------------------------------------------
『生命の音楽』
――ゲノムを超えて:システムズバイオロジーへの招待
------------------------------------------------------------
デニス・ノーブル 著/倉智嘉久 訳
四六判上製256頁・定価2940円(税込)
ISBN 978-4-7885-1172-9 C1045
分野=科学読み物・生物学


◆遺伝子はただのデータベースにすぎない!

ドーキンスの『利己的な遺伝子』以来、私たちは、遺伝子こそが生命の
基本だという考えをもつようになったようです。しかし、遺伝子=「生
命の書」ではありません。CDに刻まれたデータだけでは音楽にならな
いように、いくらゲノムが解明されても生命を理解することはできない
のです。本書は、音楽に譬えながら、生命を遺伝子、細胞、器官、系、
身体、そして環境のあいだの相互作用とフィードバックのプロセスの中
に捉える、新しいシステムズバイオロジーへと私たちを誘います。本書
を読めば、遺伝子中心の生命観が根本的に変わるのを経験するでしょう。
心臓生理学の世界的権威である著者による、たいへん分かりやすく、読
んで面白い入門書です。訳者は大阪大学医学系研究科教授。


7月中旬発売予定
------------------------------------------------------------
『森有正先生と僕』
――神秘主義哲学への道
------------------------------------------------------------
伊藤勝彦 著
四六判上製248頁・予価2730円(税込)
ISBN 978-4-7885-1169-9 C1010
分野=哲学・思想


◆なぜ日本に戻らなかったのか

哲学者であるとともに文学者でもあり、また、パイプオルガンの演奏家
でもあった森有正は、1976年、フランスに客死しました。それから
30年余りがすぎ、いままた、静かな森有正ブームとでもいえるものが起
こっているようです。著者伊藤勝彦氏は、森有正の後輩であり、また若
い友人でもありました。かれはなぜ、日本に戻ろうとしなかったのか
――森有正と同類の資質を持ち合わせていたことを自覚しつつ、伊藤は、
森のこれまで知られていなかった生活と思索のなかに分け入り、デカル
ト研究の合理的知性の持ち主と見られがちな森哲学のなかに、脈々と流
れる神秘主義を見出します。哲学者どうしの交流にみられる余りにも人
間くさい数々の逸話も、本書に忘れがたい陰影を与えています。


6月中旬発売予定
------------------------------------------------------------
『カウンセラーのための法律相談』
――心理援助を支える実践的Q&A
------------------------------------------------------------
出口治男 監修 /〈心理臨床と法〉研究会 編
A5判並製216頁・定価2310円(税込)
ISBN 978-4-7885-1173-6
分野=心理カウンセリング


◆デリケートな面をはらんだ相克 どう対処する?

『かえって悪くなった、料金を返せ』と訴えられたら? 『いじめられ
ているのは内緒に』と頼まれたのに学校へ報告した結果その生徒へのい
じめがひどくなって不登校になったら、責任は?「虐待」通告の場合は?
――心理相談が広い職域に浸透した今、相談員は、クライエントやその
身内からのクレーム、そして学校や病院など組織内での齟齬に、日々、
頭を抱えています。本書ではそうした「壁」をどう回避するか? それ
でも壁に突き当たった際にどう対処するか?を、多彩な実例をもとに、
法律の専門家と臨床心理士が討論します。教育・医療・福祉・産業…あ
らゆる現場で必携! 心理職の「転ばぬ先の杖」


7月末発売予定
------------------------------------------------------------
講座・小泉八雲〈上〉
『小泉八雲の人と周辺』(仮題)

------------------------------------------------------------
平川祐弘・牧野陽子 編
四六判上製728頁・予価7980円(税込)
ISBN 978-4-7885-1165-1 C1090
分野=日本文学・文学評論

◆ハーンは日本人が嫌いだった!?

『怪談』『知られぬ日本の面影』などの作品で知られるラフカディオ・
ハーンは、日本を愛するあまり小泉八雲という名前で日本人に帰化し、
日本人以上に日本人の心性を深く理解して西洋に紹介した作家として、
日本人にいま根づよいなお人気があります。しかし、ハーンは日本人
を愛しましたが憎みもしました。また、日本に来る前も、ギリシャ、
アイルランドでの苦労の多い幼少期から、無一文でアメリカに渡って
の新聞記者生活、カリブ海滞在など、苦難の遍歴を重ねてきました。
本講座では、新たな事実に基づきながら、単なる親日家ではないハー
ン、世界文学、ポストコロニアルな作家としてのハーンを、多面的に
明らかにしていきます。
上巻では、おもに人物を中心に取り上げ、下巻(9月刊行予定)では、
作品を中心に取り上げます。
________________________________

◇編集後記
先日の昼食どき、最近お気に入りの、また体重増の原因となっているで
あろう三好弥のカツカレーでも食べに行くかと会社を出たところ、Wさ
んに会った。Wさんは私の先輩で、昨年弊社を退社。今何やってるんで
すかと聞いたところ、フリーで編集・製作をなさっているとのことだっ
た。名刺を見ると「双峰社」SOHOとかけているのでしょうか。会社
のロゴはフタコブラクダ・・・・・。

双峰社サイト 

くわしく聞くと、お世話になった方の、どうしてもつくりたかった本が、
このたびできたとのこと。昼飯をおごりますよ、と野らぼーに行ったの
ですが結局、おごってもらいました、ごちそうさまでした。

というわけで本の宣伝。
書名は井口昭夫 著『井口昭夫 将棋観戦記選集(上)』
ISBN978-4-904686-01-0/税込価格 1,680円/四六判・274頁
2009年6月24日刊
地方・小出版流通センターでの扱いです。

お見知りおきください。
________________________________

◇奥付
________________________________

□電子メールマガジン:「新曜社<新刊の御案内> 」(不定期発行)
□HPアドレス http://www.shin-yo-sha.co.jp/
□blog:新曜社通信 http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/
□このメルマガは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
□購読・解除・変更手続きは http://www.mag2.com/ より行って下さい。
□掲載された内容を許可無く転載することを禁じます。
□発行:株式会社新曜社 営業部
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町 2-10
電話  03(3264)4973(代)
FAX 03(3239)2958
e-mail info@shin-yo-sha.co.jp
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
□次回発行は2009年7月中旬を予定しております。

|

« Wさんのこと | トップページ | 書評 『モダニティの想像力』 »

新刊案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/45379034

この記事へのトラックバック一覧です: ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第95号■:

» 三沢光晴よ永久に!7月5日に追悼番組 [三沢光晴よ永久に!7月5日に追悼番組]
三沢光晴よ永久に!「プロレス界の盟主 三沢光晴 緊急追悼スペシャル」7月5日に追 [続きを読む]

受信: 2009年6月27日 (土) 18時26分

« Wさんのこと | トップページ | 書評 『モダニティの想像力』 »