« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月29日 (金)

◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第94号■

2009年5月30日発行 メール版 第94号
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第94号■

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
_______________________________

◇トピックス
_______________________________

●受賞
藤田結子 著『文化移民』が
第2回 内川芳美記念マス・コミュニケーション学会賞を受賞
いたしました。


福岡愛子 著『文化大革命の記憶と忘却』が
第25回大平正芳記念賞を受賞いたしました。

●復刊のお知らせ
------------------------------------------------------------
『動物は世界をどう見るか』

------------------------------------------------------------
鈴木光太郎 著
四六判上製328頁・定価3045円(税込)
ISBN 978-4-7885-0538-4 C1011
分野=心理学

小社『オオカミ少女はいなかった』で話題をよんだ鈴木光太郎氏の以前の著作
も是非読んでみたいという読者、図書館員の方々のご要望に応え、急遽重版決
定いたしました。動物が見ている世界と人間が見ている世界とはどう違うか?
ゾウとアリとでは? それはどうして分かるのか? 洗練された研究法と科学
的想像力が解明してきた興味深い事実とその発見のすじ道を多数の図版を収め
て説いた動物心理学最前線への招待です。今なお引用、参考文献とされること
の多い著作です。

「幻の書」 復刊に寄せて 鈴木光太郎

続きを読む "◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第94号■"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月28日 (木)

新刊 青柳悦子 著『デリダで読む『千夜一夜』』

青柳悦子 著『デリダで読む『千夜一夜』』の見本ができました。5月29日配本です。書店さん店頭には週明け、6月2日、3日頃でしょうか。

「デリダがこんなにわかっていいのかしら?
「例」のもつ両義的性質=範例性を切り口に「文学」の本質を解き明かしたデリダ。その理論を『千夜一夜物語』に適用し、世界文学として読み解く、斬新な文学理論の誕生」(本書オビより)

9784788511590

本書、デリダがわかるとオビにありますが、もっとスゴイところは文学を愛し、文学研究、文学理論を学ぶことの重要性、さらに大学でそれを行うことの意義というものを感じました。Uさん、営業から茶々入れてすみませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

内川芳美記念マス・コミュニケーション学会賞受賞 藤田結子 著『文化移民』

藤田結子 著『文化移民』 ――越境する日本の若者とメディア
が、第2回 内川芳美記念マス・コミュニケーション学会賞を受賞いたしました。
藤田先生、おめでとうございます。

日本マス・コミュニケーション学会
第2回内川芳美記念マス・コミュニケーション学会賞決定のお知らせ(pdfファイル)


授与式は2009年6月6日(土)12:00  立命館大学衣笠キャンパス 以学館1号ホールです

9784788511293

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

新刊『ドゥルーズ哲学のエッセンス』

ライダー・デュー 著 中山 元 訳 『ドゥルーズ哲学のエッセンス』の見本ができました。配本日は5月26日予定です。書店さん店頭には2,3日後です。
9784788511576

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

重版決定 鈴木光太郎著『動物は世界をどう見るか』

鈴木光太郎先生、TOKYO MX「ガリレオチャンネル」の特集「動物の見ている世界を知りたい」に出演! って放送もう終わっているじゃないですか。再放送が5月24日(日)朝8時にありますので、ご興味のある方はぜひ。

『オオカミ少女はいなかった』が話題になったために、すっかり影が薄くなってしまいましたが、弊社で鈴木光太郎先生といえば、
『動物は世界をどう見るか』です。

9784788505384

その後先生が、「世界一受けたい授業」に出演するなど、重版のチャンスがあったにもかかわらず品切のままにしていたのは、営業の怠慢だったと反省しております。すみません。

『オオカミ』出版以降、読者、図書館ご担当者のかたからも多くお問い合わせいただきこのたび重版することに決定いたしました。出来次第書店さん店頭に置いてもらうようにいたしますので、ぜひお手にとっていただけたらと存じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新刊『心理臨床の広がり』 

岸本寛史・氏原寛・松木邦裕・皆藤章・大塚義孝
『心理臨床の広がり』の見本ができました。
配本日は09/5/25です。
帝塚山学院大学院〈公開カウンセリング講座〉の4巻目となります
9784788511606
1巻目 心理臨床の知恵
2巻目 心理臨床の眼差
3巻目 心理臨床の奥行き

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

『文化大革命の記憶と忘却』 「第25回大平正芳記念賞」受賞

福岡愛子 著『文化大革命の記憶と忘却――回想録の出版にみる記憶の個人化と共同化』
が、 「第25回大平正芳記念賞」を受賞いたしました。福岡先生、おめでとうございます。
9784788511194

授賞式は6月、本書の受賞はまだサイトにアップされていないようですが、下記リンクいたします。
大平正芳記念賞の歩み

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水)

朝日新聞 新刊 サンヤツ広告 2009/5/20

Adt200905190003
 09/5/20 朝日新聞東京版 (関西本社版5/23掲載)にサンヤツ広告を出しました。

はなしは違いますが、編集のTくんのメインのブラウザはOpera、メールと連動して使えるのでしごく便利とのこと。
「うちのブログ、JavaScriptをオフにしないと閲覧できないでしょ」と聞いたところ、「Operaを使っている人はそういうの慣れてますから」とのこと。こまかく設定できるようで、それがまたいいとのことでした。

まあそういうのに甘えるわけにはいかないので、ブログの設定をいくつかいじりまして、Opera9.4(最新版)で、JavaScriptをオフにしないでも閲覧できるようにしました。このブラウザ、なかなか快適ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

第16回 東京国際ブックフェア

来る2009年7月9日(木)~12日(日)10:00から-18:00
東京ビッグサイトにて第16回東京国際ブックフェアが開催されます。

今回初めて小社も出展いたします。
版元ドットコムさんのブースで一棚借りての出展です。よろしくお願いします。
展示会招待状ございますのでお申し付け下さい。

会期近づきましたら、またお知らせいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

コンピュータウィルス情報2

先日2009年5月15日にお知らせしたコンピュータウィルス情報の続編です。
このウィルス「JSRedir-R」はAdobe Reader/Acrobatの新たな脆弱性をついたもののようです。
→ Internet Watch 「Adobe Reader/Acrobatに新たな脆弱性、回避策はJavaScript無効化 」

ほか下記サイトが整理されていてわかり易いです・
GENOウイルス(JSRedir-R) - 関心空間

これを機会にAdobe Reader の9.1.1へのヴァージョンアップをオススメいたします。
私のヴァージョンは8.0で、9.1にヴァージョンアップするのにやたら時間がかかりました。待ちきれず、途中で辞め、古いヴァージョンを「プログラムの追加と削除」で削除してから、新規で9.1をインストールしました。こちらのほうがかなり早かったです。

その後、
・窓の杜で9.1.1のupdateをダウンロード
・Reader 9.1を起動し、ヘルプ(H) → アップデートの有無をチェック(U)で、9.1.1にヴァージョンアップできます。

念のためReaderの編集(E)から環境設定(N)を選択、分類からJavascriptを選択、「Acrobat Javascriptの使用」をオフにします。
(Adobeの日本語サイトでは9.1.1へのアップデートがまだ紹介されていないようです。)

まあとにかくウィルスというのはウェブ管理者泣かせですね。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月15日 (金)

コンピュータウィルス情報

ゴールデンウィークをねらい、多くなると思われていたコンピュータウィルスですが、
各地で問題を起こしているようです。


当ブログに関係ある情報をアップします。思い当たる方はご迷惑おかけいたしますが、ご確認下さい。
ほか下記まとめサイトがたいへん役に立ちました。4月のはじめにこのウィルスは話題になっていたようですね。お礼申し上げます。
GENOウィルスまとめ

追記:このウィルスは「JSRedir-R」という名称になったようです(09.5.18)


当ブログ「掘り出し選書」でリンクを貼りました、東京都書店商業組合青年部サイト5月11日(月)21時頃5月9日~5月14日(木)11時頃までの間、ウイルスによって改竄されました。

該当する方
 該当時期にインターネットエクスプローラで青年部ホームページ内のど
こかのページを参照した方。(書店案内も含む) 
FireFox、Cromeの場合はセキュリティ設定を変更していなければブラウザ自身が危険を察知して動作しないので問題はありません。 → 追記 この場合でも安心せずにチェックすることをオススメいたします。

追記 ブログのページ別アクセス分析を見たところ、5月8日から14日までに4人の方が、該当記事「掘り出し選書」を見ております。そこから青年部サイトに行かれたかは不明。もちろん誰が見ていたかは分からないのですが、そのうちの一人は確実に弊社の人間(笑)。調べたところ感染なしでした。使用OSはXP。ほかも弊社の人間ならよいのですが。

原因:
青年部ホームページ内の全てのページにウイルス起動させるための複数の
ファイルをダウンロードするスクリプトが埋め込まれていた為。

症状:
なし。多少普段よりパソコンの動作が遅い程度。但し、水面下であらゆる
キー操作が監視され、外部に送信される。(追記:かなり遅くなるという情報もあり)

感染確認の方法:

VISTAは感染しないようです。 要チェックをおすすめいたします

(1)WindowsXPの場合:
C:\Windows\System32\sqlsodbc.chm のファイルサイズが50727バイトであれ
ば感染していない。このサイズ以外の場合には感染している。追記 該当ファイルを右クリック、プロパティで確認できます。

(2)Windows2000の場合
C:\WINDOWS\system32\sqlsodbc.chmがなければ感染していない。あれば感染している。

(3)Windows9Xの場合
確認方法不明。全て感染していると考えるのが無難。

感染していたら

トレンドマイクロ社のオンラインスキャン

エフセキュア社オンラインスキャンのページ
感染が発見でき、駆除ができます。 いろいろ情報あり、未確定情報です。クリーンインストールをすすめるもの、「システムの復元」を使い、感染したと思われる日時以前に戻すほうがよいとの情報ありです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月14日 (木)

新曜社 2009年版図書目録 できました

弊社2009年度版 図書目録できました。
読書カードをご返送いただいているかたには順次発送していきます。

またご希望の方は郵便番号・ご住所・お名前をメールにて、下記までお知らせ下さい。
お送りいたします。
E-mail info@shin-yo-sha.co.jp

Mokuroku2009


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

紹介 斎藤嘉孝 著『親になれない親たち』

「親の問題行動と背景を分析」
斎藤嘉孝 著『親になれない親たち』
の紹介記事が、09年5月4日付産経新聞に掲載されました。

誠に申し訳ございません、一部ページで著者名に誤りがございました(訂正すみです)。著者は斎藤嘉孝先生です。お詫び申し上げます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

IQ84

「出版状況を知りたいのですが、村上春樹・・・・・・」

新潮社さんとは取次会社の取引会社名簿が近いせいだろうか、よく間違い電話やファックスがかかってくる。今回も「あー出版社が違いますよ」と事務的に言おうとした矢先、

「IQ84」

「はあっ?」予想もつかない書名に、思わず聞き返してしまう。

「アイキューハチジュウヨンの出版状況を」

「本の雑誌」の5月号を読んでいて、村上春樹さんの近刊『1Q84』が出るのは知っていましたが。そうか、そう読むのかと一瞬・・・・・。電話の向こうの揺るぎのない声に、一瞬・・・・・・。

イチキュウハチヨン、多分、こう読むと思いますが、発売楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

新刊 『ジレンマを切り抜ける』

新刊 
ジェイムズ・M・ジャスパー 著/鈴木眞理子 訳
『ジレンマを切り抜ける』の見本が出来ました。5月7日配本予定です。書店さん店頭には11日の週でしょうか。
9784788511538

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »