« 神保町ウォークラリー 第二弾 「神様探訪ウォークラリー」 | トップページ | ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第91号■ »

2009年3月 9日 (月)

書評『乳房はだれのものか』

「著者は、「物語のなかで女たちは、男の牛耳る歴史に抗ったのだ」とするテーゼのもと、近代の性の制度を覆す、別の性の姿を発掘しようと渾身の力を発揮している。始まりの問いは「乳房はだれのものか」である。

・・・・・・この女帝は〈生まない性〉として異性愛関係から断絶し、摂関政治の基盤とする婚姻などの性的関係を不要として、女だけの政治空間を形成し、善政を敷く。〈生む性〉の断絶を通じた女だけの領域、そこには女性差別を超えた女人救済をも構想された。著者はこうした「女たちのための壮大な物語」から、近代の硬直したジェンダー秩序を逆照するのである」(川村邦光氏評)


木村朗子(さえこ)著『乳房はだれのものか』
の書評が2009年3月8日付日本経済新聞に掲載されました。
評者の先生、掲載紙ご担当者さまに深くお礼申し上げます。

|

« 神保町ウォークラリー 第二弾 「神様探訪ウォークラリー」 | トップページ | ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第91号■ »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/44290964

この記事へのトラックバック一覧です: 書評『乳房はだれのものか』 :

« 神保町ウォークラリー 第二弾 「神様探訪ウォークラリー」 | トップページ | ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第91号■ »