« 紹介和田敦彦著『書物の日米関係』 | トップページ | 「BRUTUS」2009.1.1-15号 イアン・ボーデン »

2009年1月 8日 (木)

紹介 『人を伸ばす力』

2008年12月の重版書籍のリストをチェックしていると、
 デシ&フラスト『人を伸ばす力』があがっていて、深く感じ入りました。というのも、発売当時、『EQ』という本が売れたすこしあと、ビジネス書の棚で置いてみたところさっぱり売れず、営業ノートで「ベストセラー一歩手前」という欄を設けてまで、この本がなぜ売れないのかを嘆いて、恨み辛みを晴らしたことが、きのうのことのように思い出されたからです。いまや弊社のベストセラーといえるでしょう。記念に、第1章の一部を参考までに長めにアップしておきました。

デシ&フラスト『人を伸ばす力』

10年ぶりに読み直して、あらためていい本だと思いました。著者デシがいうように、本書には希望があります。本書は金銭的な価値観とは別のもの、学ぶよろこび、働くよろこび、好奇心のすばらしさというものを私たちに示してくれます。80年代後半以降、バブルとその崩壊をいくつか経験し、いまだ「市場」的な価値観が優位にある社会のなかで、本書が10年間も生き続けてきたことは、たいへんうれしいことです。
4788506793


|

« 紹介和田敦彦著『書物の日米関係』 | トップページ | 「BRUTUS」2009.1.1-15号 イアン・ボーデン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

重版・復刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/43677704

この記事へのトラックバック一覧です: 紹介 『人を伸ばす力』:

« 紹介和田敦彦著『書物の日米関係』 | トップページ | 「BRUTUS」2009.1.1-15号 イアン・ボーデン »