« 書評・紹介『〈盗作〉の文学史』 | トップページ | 紹介 『人を伸ばす力』 »

2009年1月 5日 (月)

紹介和田敦彦著『書物の日米関係』

「一年ほど前の本になってしまうが、日本の本がアメリカでどのように蔵書されているかを辿りながら、書物貯蔵という異色の観点から日米の比較文化論を行ったのが和田敦彦著『書物の日米関係リテラシー史に向けて』。・・・・・・」
和田敦彦著『書物の日米関係』が、「ミステリ・マガジン」2009年2月号、松坂健氏「ミステリ・サイドウェイ」にてご紹介いただきました。同エッセイには『〈盗作〉の文学史』もご紹介いただいております。松坂先生、感謝申し上げます。
9784788510364

|

« 書評・紹介『〈盗作〉の文学史』 | トップページ | 紹介 『人を伸ばす力』 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/43646335

この記事へのトラックバック一覧です: 紹介和田敦彦著『書物の日米関係』:

« 書評・紹介『〈盗作〉の文学史』 | トップページ | 紹介 『人を伸ばす力』 »