« 『「集団主義」という錯覚』が売れているその理由 | トップページ | よいお年を »

2008年12月27日 (土)

重版状況など 『オオカミ少女はいなかった』、ほかひらめフライなど

鈴木光太郎著『オオカミ少女はいなかった』6刷重版中です。
2009年1月15日出来です。お待たせします。


今日は土曜日出社、万年筆のカートリッジを買いに行くついでに神保町を散策。あいかわらず二郎の行列はすごいなあと歩いていると、覆麺という店にも負けず劣らずの行列。その近く、靖国通りには新しいつけ麺屋さんができましたが、味はどうなんでしょうか。

すずらん通りの文房具屋さんにはウォーターマンのカートリッジは置いておらず、やはり金ペン堂さんに行くしかないと思うが、私はあそこの親父さんは少々苦手。躊躇していると、先日、M書房のTさんから聞いたあの話が頭に浮かぶ・・・・・「キッチン南海にひらめフライあるよ、でもしょうが焼きとセットだけど」。
12時前だというのに満員のキッチン南海。久々のひらめフライ、会いたかったよー。

というわけで食後、気合を入れて金ペン堂さんへ。いつもの親父さんではなく、若い方が。息子さんでしょうか。小さいカレンダーまでいただきました。ボールペンのいいやつが今度は欲しくなったりします。

|

« 『「集団主義」という錯覚』が売れているその理由 | トップページ | よいお年を »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

重版・復刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/43544368

この記事へのトラックバック一覧です: 重版状況など 『オオカミ少女はいなかった』、ほかひらめフライなど:

« 『「集団主義」という錯覚』が売れているその理由 | トップページ | よいお年を »