« 売れ行き良好書『誰のためのデザイン?』『人間この信じやすきもの』 | トップページ | 書評『オオカミ少女はいなかった』 »

2008年11月19日 (水)

『オオカミ少女はいなかった』記事、および重版状況

鈴木光太郎著『オオカミ少女はいなかった』が、本日発売の週刊文春08/11/27号 宮崎哲弥氏「仏頂面日記」、「科学を離れた、カルト同然の「心理学」の危うさ」と題されたエッセイにて、ふれられています。

本書『オオカミ少女はいなかった』、10日に出来た重版が、早くも社内切れ。現在、3刷目の重版に入っております。出来日は11月27日です。ご迷惑をおかけいたしますが、しばしお待ちください。

|

« 売れ行き良好書『誰のためのデザイン?』『人間この信じやすきもの』 | トップページ | 書評『オオカミ少女はいなかった』 »

お知らせ」カテゴリの記事

近況・現況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/43163113

この記事へのトラックバック一覧です: 『オオカミ少女はいなかった』記事、および重版状況:

« 売れ行き良好書『誰のためのデザイン?』『人間この信じやすきもの』 | トップページ | 書評『オオカミ少女はいなかった』 »