« 新刊鈴木光太郎著『オオカミ少女はいなかった』 | トップページ | 書評 谷本奈穂 著『美容整形と化粧の社会学』 »

2008年10月 2日 (木)

シンポジウム 大阪国際空港「不法占拠」はなぜ補償されたのか」

関西学院大学先端社会研究所 2008年度第2回シンポジウム
大阪国際空港「不法占拠」はなぜ補償されたのか 住民・行政・研究者の立場から」が開催されます。
日時:2008年10月9日(木) 13:30から17:00(13時開場)
場所:関西学院会館レセプションホール
一般公開・参加無料

司会:三浦耕吉郎(社会学部教授)

パネラー
 石原熙勝(伊丹市副市長)
 丹山判同(元中村自治会長)
 金菱清(東北学院大学)

コメンテーター
 日野謙一(伊丹人権啓発協会)
 川上八郎(伊丹市議会議
 高橋裕(神戸大学)


お問い合わせ:関西学院大学先端社会研究所
電話0798-54-6085 ファックス0798-54-6089
メイルアドレス asr★kwansei.ac.jp  ★は@に変えてください


|

« 新刊鈴木光太郎著『オオカミ少女はいなかった』 | トップページ | 書評 谷本奈穂 著『美容整形と化粧の社会学』 »

イベントなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/42661771

この記事へのトラックバック一覧です: シンポジウム 大阪国際空港「不法占拠」はなぜ補償されたのか」:

« 新刊鈴木光太郎著『オオカミ少女はいなかった』 | トップページ | 書評 谷本奈穂 著『美容整形と化粧の社会学』 »