« シンポジウム 大阪国際空港「不法占拠」はなぜ補償されたのか」 | トップページ | イベント情報  SensingCities センシング・シティーズ/感応する都市 »

2008年10月 3日 (金)

書評 谷本奈穂 著『美容整形と化粧の社会学』

谷本奈穂 著『美容整形と化粧の社会学』の書評が共同通信配信・京都新聞ほかに掲載されました8月31日付。評者は山下柚実先生。

「・・・・・・・上手に使えば生活を豊かに彩る「調味料」としての、外科手術―。だが、美容整形が「スパイス」となった時、私たちの社会は、何か大切なものを喪失しないだろうか。これまで身体を自分の意志で加工できなかった長い歳月の中で、人はしぐさによって自分を美しく整え、相手に伝えようとしてきた。あるいは、自分を表現するための声色や表情やあいさつの仕方を練り上げ、複雑な意味を伝えてきた。そうしたやりとりの技術と文化があった。
 だが今、美容整形という「調味料」によって、女の子たちは、伝えたい自分を、他人が行う身体加工術に委ねようとしている。本書は、そこに横たわる問題を問う社会学の幕開けを告げている」

掲載紙ご担当者さま、書評くださいました先生には心よりお礼申し上げます。

|

« シンポジウム 大阪国際空港「不法占拠」はなぜ補償されたのか」 | トップページ | イベント情報  SensingCities センシング・シティーズ/感応する都市 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/42662721

この記事へのトラックバック一覧です: 書評 谷本奈穂 著『美容整形と化粧の社会学』:

« シンポジウム 大阪国際空港「不法占拠」はなぜ補償されたのか」 | トップページ | イベント情報  SensingCities センシング・シティーズ/感応する都市 »