« 新刊祐成保志著『〈住宅〉の歴史社会学』 | トップページ | イベント 神保町ブックフェア »

2008年10月 8日 (水)

書評 藤田結子著『文化移民』

「・・・・・・・少し話題が多岐に渡りすぎていて、考察があわただしいような印象を受けたが、僕の不勉強の所為かもしれない。考察が他の学者の引用で代弁されてしまっている部分が多いため、説得力に欠けている気もした。でも、作者が実際聴取した、22人の若者へのインタビューはちょっと生々しく、気恥ずかしく聞こえたり、親和性を感じたり、楽しかった。みな、不器用に見えた。・・・・・・・誰にでもある、苦かったり酸っぱかったり塩辛かったりする青春の日の想い。アカデミックで難しい書き方をしているところもあるが、僕はこの本にそれを感じ、面白かった」

藤田結子 著
『文化移民――越境する日本の若者とメディア』
が2008年10月16日号の「週刊文春」文春図書館にて取り上げられました。評者の前田司郎さま、掲載誌ご担当者さまにはこころよりお礼申し上げます。

|

« 新刊祐成保志著『〈住宅〉の歴史社会学』 | トップページ | イベント 神保町ブックフェア »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/42722796

この記事へのトラックバック一覧です: 書評 藤田結子著『文化移民』:

« 新刊祐成保志著『〈住宅〉の歴史社会学』 | トップページ | イベント 神保町ブックフェア »