« 紹介『日本における多文化共生とは何か』 | トップページ | 書評栗原裕一郎著『〈盗作〉の文学史』 »

2008年8月28日 (木)

新刊八木宏美著『違和感のイタリア』

八木宏美著『違和感のイタリア』
見本できました。
配本日は9月1日になります。書店店頭には2,3日後並ぶでしょうか。
9784788511231

●Japan-Italy Business Online 『違和感のイタリア』-人文学的観察記 発行に寄せて


◆営業部より 
本書のテーマに「教育」「マフィア」「自動車」がありますが、
関連していくつかの映画を思い出しました。

ひとつは「ニューシネマパラダイス」で、映画技師のサルバトーレがトトの小学校に復学していくシーン。イタリアの教育事情が分かるとこのシーンもまた違った目でられるかも知れません。この映画はぜひディレクターズカット版をおすすめします。

もうひとつは「ジョニーの事情」です。事情は2乗とかけているのでしょうかね。
監督・主演はロベルト・ベニーニ。ベニーニといえば、「ライフ・イズ・ビューティフル」が有名でしょうが、私は彼のナンセンス、おバカ映画のほうがスキです。パレルモをたしか舞台としていたと記憶しています。「パレルモといえば?」、ここでおそらくマフィアというこたえが予想されるのですが、答えは「交通渋滞」。

とりとめない感想でした。

|

« 紹介『日本における多文化共生とは何か』 | トップページ | 書評栗原裕一郎著『〈盗作〉の文学史』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/42299351

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊八木宏美著『違和感のイタリア』:

« 紹介『日本における多文化共生とは何か』 | トップページ | 書評栗原裕一郎著『〈盗作〉の文学史』 »