« 書評『女が女を演じる』 | トップページ | 受賞 和田敦彦著『書物の日米関係』 »

2008年4月16日 (水)

書評 小谷野敦著『リアリズムの擁護』

小谷野敦著『リアリズムの擁護』
が、2008年4月14日付産経新聞にて書評掲載されました。
「・・・・・・書名と同題の巻頭論文で、花袋から柳美里に至る私小説・モデル小説を論評しつつ経験・実感の裏付けのない作品の「リアリティの欠如」を批判する。『蒲団』のモデル岡田美知代と作家との関係をめぐって、作品の虚実を追求した論文は、書きおろしの力作。付録としてそえられた花袋作品2編も説得的だ。・・・・・・
いわゆるテクスト論者とちがって、この本には作家への関心が横溢していて、それがリアリズム擁護説ともむすびついているのだ。
 緒論中「落語はなぜ凄いのか」という一文が異彩を放っている。これぞまさに語りによる人間描写のリアリズムにほかならない」

ご書評くださいました、評者・東郷克美先生、掲載紙ご担当者の方にには、こころよりお礼申し上げます。ありがとうございました。

9784788510906

|

« 書評『女が女を演じる』 | トップページ | 受賞 和田敦彦著『書物の日米関係』 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/40894782

この記事へのトラックバック一覧です: 書評 小谷野敦著『リアリズムの擁護』:

« 書評『女が女を演じる』 | トップページ | 受賞 和田敦彦著『書物の日米関係』 »