« 新刊『リアリズムの擁護』 | トップページ | 新刊『質的心理学研究第7号』 »

2008年3月 7日 (金)

書評関肇著『新聞小説の時代』

書評関肇著『新聞小説の時代』が、2月10日、東京・中日新聞にて書評掲載されました。掲載紙、書評者の先生にはこころよりお礼申し上げます。

「新聞小説は、「日本独自の大衆芸術」であると鶴見俊輔が喝破したように、日本人の読者生活の中にごくあたりまえに浸透している文学の形式でありながら、久しくまともな文学研究の対象ではなかった。・・・・・・「ポピュラーな文学によって形成された裾野」に論考を広げて、読者による文学テキストの享受という、幅の広い動態的な文化研究に挑んだ力作が本書である。」

|

« 新刊『リアリズムの擁護』 | トップページ | 新刊『質的心理学研究第7号』 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/40407892

この記事へのトラックバック一覧です: 書評関肇著『新聞小説の時代』:

« 新刊『リアリズムの擁護』 | トップページ | 新刊『質的心理学研究第7号』 »