« 書評『子どもが忌避される時代』 | トップページ | 新刊『マックス・ウェーバーと妻マリアンネ』 »

2007年12月12日 (水)

書評『子どもが忌避される時代』

『子どもが忌避される時代』の書評、2007年12月2日日本経済新聞掲載 芹沢俊介氏評です。
掲載紙、評者の先生に、深くお礼申し上げます。


「・・・・・・なるほど目を開かれる。車社会も学校化も近代社会への移行に
ともなうやむをえない側面である。だがそれを素直に受け入れたということ
は、私たちが産まないという選択をしてきたことを意味する、と著者は指摘
する。茫然とせざるをえない。

 ではどうしたらいい? 処方箋はない。多産化への反転は起こりえない
という認識に立って、著者は多産多死の途上国の現実を視野に組み込む。
そしてこう記す。産まないという選択は、地球上の産む人と手を携えるとい
う責務と対をなす、と」

|

« 書評『子どもが忌避される時代』 | トップページ | 新刊『マックス・ウェーバーと妻マリアンネ』 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書評『子どもが忌避される時代』:

« 書評『子どもが忌避される時代』 | トップページ | 新刊『マックス・ウェーバーと妻マリアンネ』 »