« 新刊『マックス・ウェーバーと妻マリアンネ』 | トップページ | 記事和田敦彦著『書物の日米関係』 »

2007年12月14日 (金)

著者インタビュー『富豪の時代』

『富豪の時代』の著者・永谷健先生へのインタビューが、プレジデント07年12月31日号 書評欄にて掲載されました。
掲載誌・編集部の方に深くお礼申し上げます。

「「お金儲けは悪いことですか」と吐いて逮捕された投資ファンドの主が本書
冒頭に登場する。ただし、本書の主人公は渋沢栄一や安田善次郎といった
明治大正時代の実業家だ。彼らが世間からどのように賞賛(あるいは嫉妬)
され、彼ら自身がどのように「お金儲けの哲学」を語り、雑誌がそれをどのよ
うに掲載し、読者がどう読んだか――富豪と社会の関わりを、永谷さんは本
書の中で丁寧に読み解いていく。・・・・・・」
(プレジデント編集部インタビュー)


|

« 新刊『マックス・ウェーバーと妻マリアンネ』 | トップページ | 記事和田敦彦著『書物の日米関係』 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/17364446

この記事へのトラックバック一覧です: 著者インタビュー『富豪の時代』:

« 新刊『マックス・ウェーバーと妻マリアンネ』 | トップページ | 記事和田敦彦著『書物の日米関係』 »