« 著者インタビュー『富豪の時代』 | トップページ | 2007年 受賞図書 »

2007年12月17日 (月)

記事和田敦彦著『書物の日米関係』

小社発行の、『書物の日米関係』(和田敦彦著)が、
日本経済新聞読書欄「今を読み解く」にて紹介されました。評者は長谷川一氏です。掲載紙、ご紹介くださった先生に深くお礼申し上げます。
「・・・・・・このシステム(戦後日本の出版流通システム)の作動域は国内だけ
だから、視野は狭くなる。流通商品は新刊だけだから、新刊書店を流通の最
終段階と見、以後の過程を二次流通とくくって外部化する。だが、そうした産
業内思考かた一歩踏みだせば、豊かで複雑で多様な出版の世界が拡がる。
和田敦彦『書物の日米関係』は、そう教えてくれる。・・・・・・」
9784788510364

|

« 著者インタビュー『富豪の時代』 | トップページ | 2007年 受賞図書 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/17391943

この記事へのトラックバック一覧です: 記事和田敦彦著『書物の日米関係』:

« 著者インタビュー『富豪の時代』 | トップページ | 2007年 受賞図書 »