« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月25日 (木)

新刊『子どもが忌避される時代』『富豪の時代』

新刊2点
『子どもが忌避される時代』
『富豪の時代』
販売会社へは30日搬入です。書店さん店頭へは11月1日、2日というところでしょうか。
朝日新聞の広告が30日に出ます。
書店さまにはお問い合わせなどご迷惑をおかけするかも知れません。
97847885107609784788510746とうとつですが、伊武雅刀さんが『子供達を責めないで』で、「私は子どもが嫌いです」と歌ったのは1983年。当時、よくこういう言いにくいことを曲にしたなという感じでした。作詞家が意図したメッセージとは違うようですが、いま思うと「子どもを忌避する」感覚を的確に表現した曲だったのかと思います。ちなみに作詞は秋元康さん、当時27歳。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

神保町ブックフェア

10/27(土)から28(日)、第17回神保町ブックフェアが開催されます。詳細
は下記サイトへ。
BOOKOWNじんぼう イベント情報

弊社は本年参加しません。申し訳ございません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

新刊『現場と学問のふれあうところ』

無藤隆先生の新刊『現場と学問のふれあうところ』本日22日見本行ってきました。
配本日は26日です。書店店頭へは10月末頃でしょう。
販売会社窓口は空いていました。先週はすごい混んでいたようですが。
9784788510722

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

心理学書販売研究会フェア@紀伊國屋書店新宿南店

心理学書販売研究会は、2001年9月、心理学専門書を刊行する有志出版社により発足いたしました。現在参加出版社は15社です。

さて発足当時より、紀伊國屋書店さまと連携し、
「心理学 新刊・基本図書カタログ」を毎年作成するなど、
心理学専門書の普及・販売促進に積極的に努めてまいりました。

このたび、紀伊國屋書店新宿南店(タカシマヤタイムズスクエア)5階にて、
11月3日(土)から12月2日(日)まで、
『心理学(和・洋書) 新刊・学術書フェア 2007』を開催いたします。

「心理学書販売研究会」加盟15社の2007年の新刊および売れ行き良好書
を中心に、入門書から専門書まで、心理学分野の和洋書400点余りを
幅広く取り揃えます。ふだんの心理学書コーナーでは、スペースの関係か
ら十分に展示しきれない質と量の新刊書を、特設スペースにて
ゆっくりご堪能いただこうという試みです。
ぜひ、ご来店くださいませ。

フェア出品書目リスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

老愚者考

『老愚者考』A・グッゲンビュール=クレイグ 著 山中康裕 監訳・李敏子他 訳
の書評が、9月24日産経新聞に掲載されました。

「・・・・・・人は年を取ると愚かになる(可能性が高い)という事実を素直に
受け入れたとき、老人にとってもそうでない人間にとっても幸せな社会が
到来する。そればかりか、老人の愚かさは、あまりに合理化された現代
社会に対する批判にもなり得ると著者は言う。日本でもしばらく前、作家、
赤瀬川原平が「老人力」を唱えた。老人の愚かさを肯定せよという本書の
主張は、それと一脈通じる。・・・・・・」
評者は許光俊氏。

掲載紙、評者の先生には厚くお礼申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月と季節の暦

弊社発行の『月的生活』の著者、志賀勝先生制作の「月と季節の暦」
2008年度版が11月1日発売されるとのことです。

詳細は著者サイトまで。
月と季節の暦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

和田敦彦著『書物の日米関係』

2007年9月22日付け朝日新聞、「テークオフ」欄に「読書環境から社会あぶり出す」と、
『書物の日米関係』の著者、和田敦彦先生が、登場いたしました。
(アップ遅くなりまして、ごめんなさい)

「近代日本文学の研究者だ。アメリカの大学図書館で、大量の日本語書籍を目にして
驚いた。「これほど本があるのはなぜですか」と尋ねて回ったが、確かな答えは返って
こない。それなら自分で調べようと05年から20を超える大学を回り、その成果を『書物
の日米関係』にまとめた。コレクションの形成過程をたどることで、米国の日本に注い
だまなざしが見えてきた。・・・・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第77号■

2007年10月10日発行 メール版 第77号
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第77号■

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
__________________________________

トピックス
__________________________________


9月22日付朝日新聞「テークオフ」欄にて、弊社『書物の日米関係』の著者、
和田敦彦先生の記事「書物環境から社会あぶり出す」が掲載されました。「リ
テラシー史。総合的な読書環境の歴史でしょうか。本を通して、その本を必要
とした社会や読者の姿を明らかにする。そんな可能性を追ってみたいのです」


●以前お知らせしております『メディアオーディエンスとは何か』(K・ロス、
V・ナイチンゲール著)は11月初旬出来予定に、『国境を越えて 語彙・文法
編』(山本富美子編著)は来年1月刊行予定です。遅延お詫び申し上げます。

●業務連絡:8月に弊社編集部はすべて、多田ビル(営業部の入っているビ
ル)に引っ越しました。住所は千代田区神田神保町2-10です。

●10/27(土)から28(日)、第17回神保町ブックフェアが開催されます。詳細
は下記サイトへ。

BOOKOWNじんぼう イベント情報

__________________________________

◇近刊情報
__________________________________


10月中旬発売予定
--------------------------------------------------------------------
『キーコンセプト ジェンダー・スタディーズ』(仮)
――
--------------------------------------------------------------------
ピルチャー、ウィラハン 著
片山亜紀・細谷実・金井淑子ほか 訳
A5判並製240頁・予価2625円(税込)
ISBN978-4-7885-1075-3
分野=女性・フェミニズム・社会学


◆キーコンセプトシリーズ 第一弾!◆

知の最前線を50のキーコンセプトで見渡す入門シリーズ、第一弾は「ジェン
ダー・スタディーズ」。どこからでも読むことができ、コンセプトごとに定義
と解説・背景と論争・関連項目・文献案内が整理されていて、20世紀後半から
現在までのジェンダー、フェミニズムの学問と運動の全体が見渡せる構成にな
っています。とくに本書ではポストモダン理論に重点をおき、クィア理論、異
性愛主義、第三波フェミニズムなど、ジェンダー・スタディーズの躍動する新
しいコンセプトが注目されます。バックラッシュ(反動)を超えて、政治・文
化・学問のあらゆる場面に浸透したジェンダー・スタディーズの醍醐味を伝え
る、次世代スタンダードの登場です。懇切な訳者解説、参考文献も必見。

10月中旬発売予定
--------------------------------------------------------------------
『現場と学問のふれあうところ』
――教育実践の現場から立ち上がる心理学
--------------------------------------------------------------------
無藤 隆 著
四六判並製280頁・予価2730円(税込)
ISBN 978-4-7885-1072-2
分野=教育心理学


◆現職教員研修はじまる!◆

教育改革が叫ばれる中、教員の質を高めるために、全国の大学教育学部や支援
センターで現職教員研修プログラムが始まりました。しかし、現場の教員と、
教員を養成する教育学部の研究者の関係は、これまで必ずしもうまく機能して
いませんでした。研究者は現場にどのように関わり、研究をすすめたらよいの
か、現場の実践者は、研究者から何を学ぶことができるのか……日本を代表す
る教育・発達心理学者であり、長年保育園や小学校の現場との協働研究に取り
組んできた著者ならではの体験と洞察に満ちた、研究者たち、現場の実践者た
ちへの熱い提言です。

10月下旬発売予定
--------------------------------------------------------------------
『ワードマップ 会話分析・ディスコース分析』
――背景知識から具体的な方法まで
--------------------------------------------------------------------
鈴木聡志 著
四六並製222頁・予価1995円(税込)
分野=心理学・社会学
ISBN 978-4-7885-1073-9


◆待望のコンパクトな入門書!◆

会話分析は、人々が日常言葉を介してコミュニケーションするときのルールや
ルールを明らかにしようとする新しい学問の方法です。ディスコース分析は、
説明、演説、書き言葉や、さらにはそれらの背景となる文脈までも含んだ、よ
り広いコミュニケーションにおけるルールを発見しようとする研究手法です。
人々は言葉をやりとりしながら、さまざまな意見を交換したり、感情をやりと
りしたり、訴えたりしていますが、それがどのように発せられ、受け止められ
るかを分析するこれらの方法は、心理学や社会学ばかりでなく、カウンセリン
グ、消費者行動や製品インターフェースの研究など、幅広い分野で急速に注目
を集めています。著者は、東京農業大学准教授。

10月下旬発売予定
--------------------------------------------------------------------
『富豪の時代』
――実業エリートと近代日本
--------------------------------------------------------------------
永谷 健 著
A5判上製312頁・定価3990円(税込)
分野=歴史社会学
ISBN 978-4-7885-1074-6 


◆華麗なる一族たちに正面から迫り、その背後を窺う◆

近年、富裕層に対する関心が高まり、テレビやネットでは「セレブ」への視線
が飛び交っています。ところがこういう現象は、現代に限ったことではないよ
うです。時代を遡っても、お金持ちは「長者」あるいは「成金」などと呼ばれ
て、番付がつくられ、巷には憧れ・羨み/侮り・蔑みが渦巻いていました。
また、今とかわらず、新聞雑誌が覗き見趣味の熱を煽っては、誹謗中傷の矢を
射てもいました。本書は、明治・大正期の富豪たちを等身大で生々しく描き、
彼らと社会のダイナミックな絡み合いを読み解いて、おのずから今日という時
代をも映し出します。気鋭の歴史社会学者が大胆にも挑む、小説より奇なるド
ラマティック・ソシオロジーの冒険!

10月末発売予定
--------------------------------------------------------------------
『子どもが忌避される時代』(仮)
――なぜ子どもは生まれにくくなったのか
--------------------------------------------------------------------
本田和子 著
四六判上製312頁・予価2940円(税込)
ISBN 978-4-7885-1076-0
分野=子ども論・歴史学・社会問題


◆少子化問題を根底から考察!◆

少子化が問題になり、対策が講じられていますが、はかばかしい効果は得られ
そうにありません。二十世紀が子どもが中心化された時代だったとすれば、今
世紀は「子どもが忌避される」時代になったかのように見えます。かつて江戸
末期から明治初期にかけて、日本を訪れた外国人は、日本人の「子どもに対す
る優しさ」に一様に注目しています。それがいまは「子ども嫌い」? 少子化
の原因を適齢期の女性の意識のありように見いだす風潮に対して、著者は、子
どもがリスクと考えられるようになった心性の変化を、日本の近代化に伴う必
然として、家族空間、親子関係、都市空間、メディア、犯罪などに生じた微細
な「子ども感」の変化のなかにさぐり、根本的対策を提案します。

__________________________________

編集後記

冒頭でもご紹介いたしましたが、10/27(土)から28(日)、第17回神保町ブッ
クフェアが開催されます。詳細は下記サイトまで。
BOOK TOWN じんぼう イベント情報
弊社は参加いたしません、すみません。個人的にはのら書房さんなどの児童書
を見にいくのを楽しみにしています。


神保町に関して、遅まきながら知った書肆アクセス・11月閉店のニュースはシ
ョックでした。
書肆アクセスサイト

私も弊社以前の会社に勤めていたとき、つくった本をどう売って良いか分から
ず、地方小&アクセスにお世話になった人間です。あの頃は「本の雑誌」「BA
NZAIまがじん」あとマイナーな大学出版部の本などを見つけに足繁く通ってい
ました。申し訳ないが最近、神保町といえば加賀廣で飲むだけ、出版社の人間
でありながら神保町を歩かなくなっている人間になっていて、アクセスも覗い
ていませんでした。本当に大事に思うならいつも行ってお金落とさないといけな
いよね、ごめんなさい、(N)
__________________________________

◇奥付
__________________________________

□電子メールマガジン:「新曜社<新刊の御案内> 」(不定期発行)
□HPアドレス http://www.shin-yo-sha.co.jp/
□blog:新曜社通信 http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/
□このメルマガは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
□購読・解除・変更手続きは http://www.mag2.com/ より行って下さい。
□掲載された内容を許可無く転載することを禁じます。
□発行:株式会社新曜社 営業部 
  〒101-0051 東京都千代田区神田神保町 2-10   
    電話  03(3264)4973(代)
    FAX 03(3239)2958
    e-mail info@shin-yo-sha.co.jp
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
□次回発行は2007年11月中旬を予定しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

新刊2点『輿論調査と世論研究』『レクチャー精神科診断学』

ながらくブログの更新がとどこおりましたことお詫び申し上げます。
ホームページのトピックスも5月末以来、変更していないのは問題が
ありありですね。

新刊2点
『輿論調査と世論研究』
『レクチャー精神科診断学』
刊行いたしました。いずれも配本すみ、書店さん店頭に並んでいるかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »