« 新刊『心理臨床の奥行き』 | トップページ | 紹介『モハメド・アリ』 »

2007年8月21日 (火)

書評『老愚者考』

『老愚者考』がいくつか書評に取り上げられています。

ひとつは紀伊國屋書店さんの「書評空間」で、高山宏先生「読んで生き、書いて死ぬ」にて。

もうひとつは
8月12日中國新聞ほか山陰新聞、山形新聞などに掲載(共同通信配信でしょうか、
評者黒川由紀子氏。
「「らしさ」呪縛から解放されたいと願う人にも、本書は一読の価値があろう」

掲載誌、書評者の先生には深くお礼申し上げます。ありがとうございました。

|

« 新刊『心理臨床の奥行き』 | トップページ | 紹介『モハメド・アリ』 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/16192864

この記事へのトラックバック一覧です: 書評『老愚者考』:

« 新刊『心理臨床の奥行き』 | トップページ | 紹介『モハメド・アリ』 »