« ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第73号■ | トップページ | 新刊キーワード心理学3『記憶・思考・脳』 »

2007年5月18日 (金)

書評『生によりそう「対話」』

9784788510357_1

『生によりそう「対話」』(土屋由美著)が、
「読売ウィークリー」5月20日号にて紹介されました(評者 片岡直子氏)。
「・・・・・・・「親身」。この言葉が今どのくらい有効か分からない。けれど、
言葉を失いかけた親の声に心をくだく娘の耳は、子どもの声に誠実に心
を傾ける親の耳と同じ機能を果たすのではないだろうか。ノートやていね
い語など、一見クールな装いを見せながら、「応答の連鎖」によってコミュ
ニケーションを回復させていく父娘のやりとりに育まれた想いは、読む
者の心の底に、知らぬ間に届いている」

掲載誌ご担当者さま、
片岡直子先生、ありがとうございました。

|

« ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第73号■ | トップページ | 新刊キーワード心理学3『記憶・思考・脳』 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/15113508

この記事へのトラックバック一覧です: 書評『生によりそう「対話」』:

« ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第73号■ | トップページ | 新刊キーワード心理学3『記憶・思考・脳』 »