« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月28日 (水)

『生によりそう「対話」』

9784788510357

新刊『生によりそう「対話」』できました。配本日は3月2日です。
書店店頭には3月5日頃並びはじめると思います。
「私は父が退院後に障害をもった身体で新たに生活を始める過程において、
とりわけ言語を獲得し直していく多くの場面を共にし、あるいは目撃した者と
して、人が「話す」という行為が、「自分を生きる」という営みととても深くつな
がっていること、さらには病気によってさまざまなものを失った状態から「自分
をどう行きなおしていくか」を模索していく過程そのものであることを教えられ
た。本書の内容はきわめて個人的な体験である。しかしそういう個人的な文
脈の中でこそ、とくにことばの障害者が日常生活で何を体験するのかについ
て、読者の方もリアルに体験していただけるのではないかと思う」
(序章 本書のなりたち)

一読、研究書という枠を超えて訴えてくる何かが本書にはあるようです。
きわめて個人的なことを思い出し、泣きそうになってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月26日 (月)

フィールドワーク 増訂版

4788510308_1
先日、2月25日付朝日新聞書評欄
「話題の本棚 柔軟な発想 思考モデルで常識の壁を超える」にて、
弊社『ワードマップ フィールドワーク 改訂版』が、とりあげられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月22日 (木)

『書物の日米関係』

9784788510364_1和田敦彦 著『書物の日米関係――リテラシー史に向けて』 
ISBN 978-4-7885-1036-4 定価4935円

2月26日配本です。店頭には27日すぎに並ぶと思います。
朝日新聞サンヤツ広告も26日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

『正当化の理論』『安全・安心の心理学』

97847885103409784788510326『ワードマップ 安全・安心の心理学』 海保博之・宮本聡介 著 定価1995円(本体1900円)978-4-7885-1034-0(07.2.20)
  
『正当化の理論』
リュック・ボルタンスキーほか 著/ 三浦直希 訳定価6510円(本体6300円)978-4-7885-1032-6(07.2.10)  
の2点は、2月23日取次搬入です。書店店頭へは26日すぎ。

朝日新聞サンヤツへの出稿は、2月26日を予定しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

書物復権 復刊リクエスト 方法

すみません、副鼻腔炎をこじらせ、最悪のこのひと月です。
病気話をしても愉しいのは本人だけですので、ブログの更新が先決。
さて弊社サイトではすでにお知らせ済みですが、こちらのブログでは
まだ紹介していませんでした。
ネット上での復刊リクエストは下記サイトよりできます。

書物復権ご案内・復刊候補作品(紀伊國屋書店ホームページ)

ふるってご応募ください。 ちなみにリクエストの結果がどのように復刊に反映されているか、 前回、第10回私どものリクエスト結果を例に、してみましょう。

脳から心へ       17
方法への挑戦     50
方法の擁護 48
家族に介入する社会 26
インダクション 9
日常生活の認知行動 22

まず候補になんでこの6点を選んだのかというと、小社の場合
「復刊ドットコム」を参考にしています。ほか日々のご要望のお手紙、
意見などをあわせて書目を決めております。今年も「復刊ドットコム」です。
ゆえに私の復刊したい本は候補にもなっていません。

そして復刊したのは『方法への挑戦』『方法の擁護』『脳から心へ』。
『方法への挑戦』『方法の擁護』はダントツだったので決まり。ほか
『脳から心へ』『家族に介入する社会』『日常生活の認知行動』の3点
の中からどれを選ぶかということで検討を重ねた結果、『脳から心へ』
に決定いたしました。まあ完全にリクエスト結果通りではないですが、
「意見」「おたより」などもかなり反映させているのは確かです。
今回、第11回の書物復権リクエスト途中経過をみていますと、どれも
おなじリクエスト数です。みなさんふるってご応募ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

ゲーデル関連

 青土社さんの「現代思想 2007年2月臨時増刊号」特集はゲーデルです

東京大学出版会さんの『ゲーデルと20世紀の論理学』の第3巻は
3月発行とのこと

3社で共同フェアを企画中です。ポップ、カンバンを作成中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

『交通事故はなぜなくならないか』

新刊、ジェラルド・J・S・ワイルド 著/芳賀 繁 訳『交通事故はなぜなくならないか』
定価3675円、2月9日販売会社(取次搬入)
書店さん店頭には(ネット書店上にアップされるのには)13日ごろでしょうか。
「いくら安全装置を改善しても、道路を改良しても、取り締まりを強化しても、
交通事故は減らない――なぜか?
学会と業界にセンセーションを巻き起こしている
リスク・ホメオスタシス理論の考え方」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

野家啓一著『科学の解釈学』

弊社で刊行しておりました
野家啓一先生の『科学の解釈学』がちくま文庫になりました。
『増補 科学の解釈学』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »