« ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第69号■ | トップページ | 野家啓一著『科学の解釈学』 »

2007年1月30日 (火)

書評『アナログ・ブレイン』

2007年1月28日付日本経済新聞にて、
『アナログ・ブレイン』の書評が掲載されました。
「・・・・・・モーガン教授は、このような問題の重要性は認めつつも、
脳にかかわる基本的な事実に戻って考えることを主張する。すなわち、
脳は人類が作りだしたデジタル・コンピュータとは異なる、アナログ・
コンピュータであるという事実である。神経細胞が活動し、お互いに
影響を与え合い、計算が行われていく。そのプロセスの詳細を、専門
の視覚を中心に議論する部分は本書の「背骨」であり、読んで示唆を
受ける点が多い・・・・・・」

発売以来、売れゆき好調な本書ですが、この書評でおそらく
重版することができると思います。
掲載紙、書評者の茂木健一郎先生には、厚くお礼申し上げます。
ありがとうございます。

|

« ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第69号■ | トップページ | 野家啓一著『科学の解釈学』 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/13718304

この記事へのトラックバック一覧です: 書評『アナログ・ブレイン』:

« ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第69号■ | トップページ | 野家啓一著『科学の解釈学』 »