« 新刊情報『社会調査で何が見えるか』 | トップページ | 2006年、年内の刊行状況など »

2006年11月27日 (月)

「人文・思想書、読んでおきたいこの一冊」フェア

 11月27日よりネット書店・アマゾン.co.jpの人文・思想コーナーで、
「人文・思想書、読んでおきたいこの一冊」
という企画をやっております。

小社からは先日重版のできた2点、
ワードマップ グラウンデッド・セオリー・アプローチ  戈木クレイグヒル滋子 著
空間管理社会 阿部 潔・成実弘至 編
を出品しております。どう動くか楽しみです。

今年のゴールデン・ウィーク頃にも同様のフェアで、
『誰のためのデザイン?』
『人間はどこまでチンパンジーか?』を出品しました。
『誰のためのデザイン?』はよく売れ、また100万件以上のeメールによるDMも行うのが理由でしょうか、アマゾンさん以外の書店さんでも売れ行きが有意にあがりました。
『人間はどこまでチンパンジーか?』は、1年以上品切れで、他社から同著者のものが出るということで重版した商品。広告がわりに掲載したのですが・・・・・・。レコメンドも影響しているのでしょうか。小社書籍で万人に読んでほしいという本を、私が1冊あげるとすれば、この本だというぐらい、いい本なのですが。まあ価格が高いのがいちばんの問題なのでしょう。

|

« 新刊情報『社会調査で何が見えるか』 | トップページ | 2006年、年内の刊行状況など »

イベントなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/12845711

この記事へのトラックバック一覧です: 「人文・思想書、読んでおきたいこの一冊」フェア:

« 新刊情報『社会調査で何が見えるか』 | トップページ | 2006年、年内の刊行状況など »