« 「リハビリテーション」フェア@紀伊國屋書店新宿本店5階 | トップページ | ISBN 13桁化 その2 »

2006年11月14日 (火)

3次元映像シンポジウム@東大・駒場

シンポジウムのお知らせです。

3次元映像シンポジウム
☆次世代表現法を探る☆
『三次元映像のフォーラム』 第78回研究会

----------------------------------------------------------
日時:2006年11月21日(火) [研究会]10:00~12:00 [シンポジウム]13:00~18:30
場所:東京大学(駒場)数理科学研究科大講堂
    目黒区駒場3-8-1 (井の頭線駒場東大前下車)
入場:無料
定員:200名(予約不要)
主催:3次元映像シンポジウム企画委員会
共催:東京大学大学院情報学環
    三次元映像のフォーラム(3Dフォーラム)
協賛:株式会社朝倉書店、凸版印刷

【3次元映像シンポジウム】
◇基調講演◇
13:00~13:05 『挨拶』 尾上 守夫 (東京大学 名誉教授)
13:05~13:30 『総務省におけるICT技術の研究開発と映像技術への取組』
山内智生(総務省 情報通信政策局技術政策課)
13:30~13:55 『NICTにおける超臨場感コミュニケーションの研究戦略』
榎並和雅(情報通信研究機構 ユニバーサルメディア研究センター)
◇講演1部◇
13:55~14:20 『ユビキタス コンピューティング』 坂村 健 (東京大学)
14:20~14:45 『バーチャル リアリティ』 舘 暲 (東京大学)
14:45~15:10 『3次元CG映像による芸術表現』 河口 洋一郎 (東京大学)
15:10~15:20 休憩
15:20~15:45 『空間映像とホログラフィー』 石川 洵 (石川光学造形研究所)
15:45~16:10 『デジタル表現の今』 草原 真知子(早稲田大学)
16:10~16:35 『デジタルアーカイブへの取り組み』 加茂 竜一 (凸版印刷)
16:35~17:00 『錯視現象と3次元映像』 出澤 正徳 (電気通信大学)
17:00~17:10 休憩
◇講演2部◇
17:10~17:35 『多種多彩な映像の世界へ』 尾上 守夫 (東京大学 名誉教授)
17:35~18:00 『デジタル バイヨン プロジェクト』 池内 克史 (東京大学)
----------------------------------------------------------
『三次元映像のフォーラム』 第78回研究会
10:00~10:15 『大規模3次元モデル上の情報の編集・表示システム』岡本泰英 他(東京大学)
10:15~10:30 『梯子式レーザ計測システムによる大規模文化遺産の三次元モデリング』小野晋太郎他(東京大学)
10:30~10:45 『イタリア・ソンマヴェスヴィアーナにおける3次元形状デジタル化技術の利活用』高松淳 他(東京大学)
10:45~11:00 『ウェーブレットテクスチャ:ドベシィウェーブレットと反射モデルと円偏光板によるBRDF圧縮』宮崎大輔 他(東京大学)
11:00~11:30 『パソコンを使ったステレオ写真の楽しみ方』 須藤 益司 (ステレオクラブ東京)
11:30~12:00 『運動視差による立体映像:残像式立体動画』 狩野 育史 (立体映像研究家)

三次元映像のフォーラム サイト

小社関連書
まなざしの誕生
視覚のトリック
錯覚の世界など

|

« 「リハビリテーション」フェア@紀伊國屋書店新宿本店5階 | トップページ | ISBN 13桁化 その2 »

イベントなど」カテゴリの記事

コメント

下記の様に、3Dフォーラムおよびメタバース・フォーラムの研究会を合同で開催を致しますので、ご案内申し上げます。

関係者の方にもご紹介(配信)をお願いできれば幸甚です。

今回も、最先端の三次元映像システムの紹介や新しい3D仮想空間の利用方法などについてご報告致します。

宜しくお願い致します。

羽倉弘之
三次元映像のフォーラム(3Dフォーラム)
メタバース・フォーラム
東京大学 大学院 情報学環


3Dフォーラム:第87回研究会
メタバースフォーラム:第2回研究会
【超立体映像と三次元仮想世界】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日時:平成21(2009)年3月14日(土)9:00~17:00    併設展示・デモ:10:00~17:00

場所:デジタルハリウッド大学メインキャンパス (秋葉原ダイビル7F) セミナールーム

会場:http://gs.dhw.ac.jp/faq/map/index.html

入場:無料  定員:100名(予約不要)  URL:http://www.hi.is.uec.ac.jp/3Dforum/

メタバースフォーラム :Web登録 (http://ma.3u.com/index.php?action=pages_view_main&page_id=381)

特典:参加者全員に超立体高画質ホログラムを進呈  連絡:hagura@iii.u-tokyo.ac.jp

【プログラム】

【3Dフォーラム:第87回研究会】座長:羽倉弘之(東京大学)

09:00~09:30 特別講演『鏡に映る像(角錐鏡アナモルフォーズ)に関する一考察:福田繁雄氏を悼んで』鏡 惟史

09:30~10:00 発表1『インテグラルフォトグラフィを使った実写動画像カラー電子ホログラフィシステム』山本 健詞 他(情報通信研究機構)

10:00~10:30 発表2『立体ハイビジョンプラズマディスプレイ』栗田 泰市郎(NHK放送技術研究所)        

10:30~11:00 発表3『世界初 3D 携帯電話用コンテンツの制作』小山 一彦 (ビジュアルコミュニケーションズ)

11:00~11:30 発表4『クラッシックコンサートへ誘う 3D 立体デジタル映像の制作について』国重 静司(NHKアート)

11:30~12:00 発表5『カラーコード3Dとは何か?』深沢 武雄(テクネ)

12:00~13:00 昼休/展示・デモ

【メタバース・フォーラム:第2回研究会】座長:三淵 啓自(デジタルハリウッド大学)

13:00~13:15 基調講演1『メタバース協会の活動について』杉山 知之(デジタルハリウッド大学)

13:15~14:00 基調講演2『アバターライフスタイルを普及させる並行仮想社会、AR等メタバースの動向』山崎 秀夫 (野村総合研究所)

14:00~14:30 講演1『ビジネスとしてみる仮想世界:仮想世界の普及とマネタイズを考える』野島 美保(成蹊大学)

14:30~15:00 講演2『コンテンツ志向の空間:三次元仮想世界のアート&デザインワーク』渡邉 英徳(首都大学東京)

15:00~15:20 休憩/展示・デモ

15:20~15:50 講演3『仮想世界ロードマップ―次世代Webへの対応が企業の明暗を分ける』濱辺 徹(野村総合研究所)

15:50~16:10 研究発表1『デジタル・アカデメイア仮想空間における教育環境の運営実績報告』坂東 敏和(デジタルハリウッド大学院)

16:10~16:30 研究発表2『3D人体モデルを使った教育手法の考察』伊藤 やよい(デジタルハリウッド大学院)

16:30~17:00 パネル『メタバースの最近の活動と今後』三淵 啓自(デジタルハリウッド大学)

     InWorld:セカンドライフ内セミナー会場(IBM):鎌田(3Di)、電通国際、IBMなど

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【展示・デモ】(10:00~17:00)研究室パネル展示、ほか多数の出展を予定

【懇親会】(17:30~)にも是非ご参加下さい。会場:研究会会場と同じ 

投稿: 羽倉弘之(3Dフォーラム) | 2009年3月 5日 (木) 17時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/12686140

この記事へのトラックバック一覧です: 3次元映像シンポジウム@東大・駒場:

« 「リハビリテーション」フェア@紀伊國屋書店新宿本店5階 | トップページ | ISBN 13桁化 その2 »