« ゲーデルの伝記 刊行予定 | トップページ | Q ギャンブル『政治が終わるとき?』 »

2006年10月17日 (火)

Q 原初療法

54<><>2003/11/27(Thu) 20:19<>Kei<><>原初療法<>
アーサー・ヤノフの「新原初からの叫び」は発行予定はいつ頃でしょうか?

実は私は現在、原初療法についての最も優れた書籍はヤノフによる本ではないと思っています。

Theresa Sheppard Alexander というセラピストによる「Facing The Wolf」という題名の本がDutton(アメリカの出版社)から発行されています。この本では、理論だけではなく、どのように療法が行われるのかを、かつて患者であり現在セラピストである著者自らの体験に基づいて再現されています。

ぜひ日本語訳を出版してください。

原初療法に興味がある方は原書で読んでみてください。
文章(英文)はそれほど難しくありません。

<><>210.229.4.127<><>#800000<><>

57<>54<>2003/12/24(Wed) 10:43<>営業部 中山修一<><>Re: 原初療法<>
お返事遅れましたことお詫び申しあげます。
原初療法関連の書籍ご紹介たまわり、お礼申しあげます。

小社アーサー・ヤノフの「新原初からの叫び」は発行予定、未だ未定です。

<><>61.204.109.36<>5pPnPqFRpR8qc<>#800000<><>

21<><>2002/07/30(Tue) 11:20<>読者<><>ヤノフの新刊、初源療法<>

アリス・ミラーの新刊「子ども時代の扉をひらく」の関連書案内に、アーサー・ヤノフの「新・原初からの叫び」が近刊とありましたが、出版はいつ頃になるのでしょうか?

PS. 現在、アリス・ミラーは、ステットバッハーの初源療法を支持していません。詳細は、 「comunication to my readers」と言う題名で、インターネット上で公表されています。2000/8/29(火)13:59
<><>219.108.92.181<><>#800000<><>


22<>21<>2002/07/30(Tue) 11:22<>読者<><>Re: ヤノフの新刊、初源療法<>読者様
『初源療法』の件、2001年春刊行ということで、進行しておりますが、まだはっきりしていません。(2002年8月現在未定)

刊行が決まり次第、小社ホームページ、およびメールマガジンにてお知らせいたします。

またシュテットバッハーについての貴重な情報ありがとうございました。
ちなみに小社刊行のシュテットバッハー『こころの傷はかならず癒える』は、当初アリスミラーのすいせんのことばを掲載していたのですが、現在は掲載しておりません。

ヤノフの『初源療法』は2006年11月現在、発売未定です。(営業部)

|

« ゲーデルの伝記 刊行予定 | トップページ | Q ギャンブル『政治が終わるとき?』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/12317881

この記事へのトラックバック一覧です: Q 原初療法:

« ゲーデルの伝記 刊行予定 | トップページ | Q ギャンブル『政治が終わるとき?』 »