2017年5月25日 (木)

藤澤伸介 編『探究! 教育心理学の世界』の紹介@高濱正伸氏(花まる学習会代表)評、「週刊ダイヤモンド」2017年4月22日号

藤澤伸介 編『探究! 教育心理学の世界』の紹介が、「週刊ダイヤモンド」2017年4月22日号に掲載されました。評者は高濱正伸氏(花まる学習会代表)。評者の先生、掲載誌ご担当者さま、ありあとうございました。

オフタイムの楽しみ(子育て・教育)
データから何がいえるのか 教育心理学の地道な研究成果

誰もが教育については何事かを語る。その言葉が説得力を持つためには、現場の経験とエビデンスの両方が大切だ。例えば「遺伝か育ちか」と聞かれたら、どう答えればよいだろう。『探究! 教育心理学の世界』は、教育心理学の領域で、あまたの研究者たちがコツコツとデータを集め考察し、積み上げてきた「言い切れること」を、コンパクトにまとめてくれている。地道に研究を重ねる誠実な学者たちからの、贈り物のような本だ。私自身は、現場の経験総量と物語で語る派だが、だからこそ、この一冊は宝箱のようだ。ほんとうに学びが多い。教師や塾教師などのプレーヤーたちはもちろん、わが子の教育を考える親にとっても、価値ある情報を得られる本だ・・・・・・


ほか
『マンガと絵でみる日本のしきたり便利帳』
(高田真弓著、日本能率協会マネジメントセンター)

『10年後、君に仕事はあるのか?』
(藤原和博著 ダイヤモンド社)

が紹介されてます。

9784788515116

藤澤伸介 編

探究! 教育心理学の世界
――

A5判並製312頁
定価:本体2300円+税
発売日 17.3.7

ISBN 978-4-7885-1511-6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

新刊 ブライアン・ラドクリフ『ドラマ教育ガイドブック』

9784788515260

ブライアン・ラドクリフ 著
佐々木英子 訳

ドラマ教育ガイドブック
――アクティブな学びのためのアイデアと手法

四六判並製136頁
定価:本体1600円+税
発売日 17.6.1

ISBN 978-4-7885-1526-0

見本出来ました。
6月1日ごろ書店に並びます。

はじめに

  現在の学校に着任した初日、私はスタッフミーティングで、「新しいドラマ教師」として紹介されました。すると、それを聞いた教師陣から盛大に拍手喝采が起こってなかなか鳴り止まず、「助かった!」「神様ありがとう!」という歓声が上がったのです。私は、孤立無援の幌馬車隊を救いに丘の上に現れた、アメリカの騎兵隊になったような気持ちになりました。今すぐ、雇用条件を再交渉すべきじゃないかと思ったほどです。

 この熱烈な歓迎の理由は、私が到着したことで、もう彼らがドラマ授業の代行をしなくてもよくなるからでした。精力的で創造的なドラマ科の主任教師が病気で欠勤していた間、物理、フランス語、技術、宗教の教師たちが、ドラマ授業を持ち回りで代行していました。これが、一部の教師にとっては、あまりにも負担だったのです。つまり、こんなふうに。

 「おしまいには、いつもけんかに

・・・・・・

《もっと読む ドラマ教育ガイドブック はじめに》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

武岡 暢 著『生き延びる都市』書評@2017年5月19日付「週刊読書人」

「巨大歓楽街を多角的に調査」

武岡 暢 著『生き延びる都市――新宿歌舞伎町の社会学』
の書評が、2017年5月19日付「週刊読書人」に掲載されました。評者は砂川秀樹先生。
書評いただきました先生、書評誌ご担当者さま、ありがとうございます。こころよりお礼申しあげます。

なお「週刊読書人」は、全国のファミマ&ローソンの、マルチコピー機設置店でプリント購入できます。(e-SHINBUNから開始)

詳しくはこちらで→週刊読書人フェイスブック

「・・・・・・その把握困難な風俗産業の労働と経営について、インタビューやフィールドを通じて描く。キャバクラ、ホストクラブ、ヘルス、ソープ、デリヘルと主だった風俗産業形態全てを対象に調査する徹底さには脱帽するばかりだ。

キャバクラとホストクラブとでは客との関係性が異なるなどジェンダー役割を考える上で非常に興味深い記述もあるが、本書の最終分析においてより重要なのは、キャバクラなどのキャスト(サービスを提供する女性)の入植経路が主に「スカウト」であること、それらが「ストリート」でおこなわれることだ・・・・・・」

9784788515130

武岡 暢 著

生き延びる都市
――新宿歌舞伎町の社会学

A5判上製336頁
定価:本体4400円+税
発売日 17.2.28

ISBN 978-4-7885-1513-0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

新刊 ニール・J・サルキンド『心理学研究法のキホンQ&A 100』

9784788515246

ニール・J・サルキンド 著
畑中美穂 訳

心理学研究法のキホンQ&A 100
――いまさら聞けない疑問に答える

A5判並製168頁
定価:本体1800円+税
発売日 17.5.25

ISBN 978-4-7885-1524-6

見本出来ました。
5月25日ごろ書店に並びます。

はじめに

 ますますデータの重要性が増しているこの世の中において,専門家だけでなく学生も,研究のプロセス,すなわち,最初に問題を設定し,データの分析・解釈をして最終的にレポートにまとめる過程と,その間に行われる全ての事柄について,理解を深めることがこれまでになく重要となっている。
 本書『心理学研究法のキホンQ&A 100』は,研究を進める中で,研究法に関して誰もが疑問に思うであろう最も重要な質問を整理して取り上げ,回答を示すことを目的としている。
 本書を書いたのは,私自身,長年教育に携わる中で,多くの学生のみならず専門家も,どのようなトピックに焦点を定める必要があるのか,詳しい情報をどこで見つけたらよいのかについて,正しく案内してくれる簡潔な概説や本を必要としていることに気づいたからである。  本書は,研究法の重要なトピックについて復習を必要としている人や,この領域の完全な初学者で,何が

・・・・・・

《もっと読む 心理学研究法のキホンQ&A 100 はじめに》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

フェアのお知らせ 「38億年の時を紡ぐ本」フェア@蔦屋書店代官山店

JT生命誌研究館発行の「生命誌」
5月11日より2週間
代官山蔦屋書店さまにて
「38億年の時を紡ぐ本」フェアを開催中です。

日時 2017年05月11日(木) - 2017年05月26日(金) 
場所  蔦屋書店1号館 1階 ブックフロア

「生命誌」全点ほか、関連書籍を一堂にあつめたフェアです。ぜひお立ち寄りください。

フェア詳細は→
代官山T-SITE


関連情報
2015年製作 映画「水と風と生きものと」が、本とDVDになって発売されます。
2017年8月発売予定。

映画「水と風と生きものと」

20170516173810






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第169号■

2017年5月9日発行
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第169号■

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◇トピックス
__________________________________

イベント
「第四の革命、読んでみた」
フロリディの『第四の革命』をテーマに、監訳者とゲストによる出版記念イベ
ントを開催します。

2017年5月12日 19:00 - 21:00 Impact HUB Tokyo(目黒) 参加費:無料

詳細ページ(アドレスはコピーしてください)
https://www.facebook.com/events/852622501543540/permalink/861159654023
158/

ルチアーノ・フロリディ著
『第四の革命──情報圏(インフォスフィア)が現実をつくりかえる』
http://www.shin-yo-sha.co.jp/mokuroku/books/978-4-7885-1522-2.htm



書評/紹介

●「今後さらなる展開が期待される新しいアプローチを切り開く一冊」 熊谷
高幸著『自閉症と感覚過敏』(四六判 本体1800円)が4月2日付・読売新聞
書評に紹介されました。書評掲載後から多くのご注文をいただいています。こ
の度、重版が出来上がりました。
http://www.yomiuri.co.jp/life/book/review/20170404-OYT8T50051.html?fro
m=tw


●金菱清編『悲愛』(四六判 本体2000円)も3月12日付・読売新聞書評、3
月23日付・朝日新聞宮城版など、その他おおくのメディアで取り上げられてい
ます。
http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/2017312-8d17.html


●山本武利著『日本のインテリジェンス工作』の記事が、
読売新聞 2017年4月1日付に掲載されました。
http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/201741-694a.html


_________________________________

◇近刊情報
_________________________________



5月下旬発売予定
------------------------------------------------------------------
『心理学研究法のキホンQ&A 100』
──いまさら聞けない疑問に答える
------------------------------------------------------------------
ニール・J・サルキンド 著/畑中美穂 訳
A5判並製168頁・予価1800円+税
ISBN 978-4-7885-1524-6 C1011
分野=心理学・研究法


意外になかった超初心者のための入門書

「仮説って?」「統計的有意性ってどういうこと?」「目的に合った研究法は
どれ?」。心理学研究のスタートラインに立つ多くの人が必ずと言っていいほ
ど疑問に思ったりつまずいたりする、研究法の基本的で重要な考え方と用語を
一問一答形式で解説した、コンパクトな入門書です。疑問は9つのセクション
に整理されて1~2頁に簡潔にまとめられているため、読みたい箇所が探しや
すく、どこからでも読み始められます。レポートを書く、卒論に取り組む、学
位取得をめざす人だけでなく、初心者にどうわかりやすく教えたらよいか悩ん
でいる教師にも必携です!




5月下旬発売予定
------------------------------------------------------------------
『ドラマ教育ガイドブック』
──アクティブな学びのための、アイデアと手法の玉手箱
------------------------------------------------------------------

ブライアン・ラドクリフ 著/佐々木英子訳
四六判並製136頁・予価1600円+税
ISBN  978-4-7885-1526-0 C1037
分野=教育・演劇

ドラマ教育先進国イギリス発・実践的ガイドブック

イギリスはドラマ教育の歴史が古く、5歳からドラマを授業で活用することが
義務付けられ、中学・高校には、常駐のドラマ専任教師とドラマ専用スタジオ
が設置されているところも多く見られるほどです。「ドラマ教育」とは、学校
で、ドラマによって生徒が能動的、活動的に学習する、アクティブラーニング
の一つです。日本でも近年盛んになりつつありますが、さっそく授業に取り入
れてみようと思っても、まだ日本では新しい方法なので、実践をためらったり
模索しながら進めている先生方も多いことでしょう。本書は、経験に裏打ちさ
れた、ドラマ教育のアイデアと方法の実践的なガイドブックです。




6月上旬発売予定
------------------------------------------------------------------
『ロシアの世紀末』
──〈銀の時代〉への旅
------------------------------------------------------------------

海野 弘 著
A5判上製560頁・予価5200円+税
ISBN 978-4-7885-1523-9 C1070
分野=芸術史・文学史

いま蘇るロシアの19世紀末群像

十九世紀中葉はロシアの〈金の時代〉といわれ、ゴーゴリ、トルストイ、ドス
トエフスキーなどが活躍する黄金時代でした。そして一九一七年のロシア革命
のあとは、ロシア・アヴァンギャルドの全盛期でした(短期間ですが)。では
その間はというと、今までは谷間の時代のように思われてきましたが、最近、
〈銀の時代〉という名前で呼ばれる、ロシア独自のアール・ヌーヴォーの時代
であったとして、見直されています。文学者ではチェーホフ、ブローク、画家
ではベールイ、ヴルーベリ、ベヌア、バレーではディアギレフ、ニジンスキー
などが活躍したのです。著者は、これらの芸術家たちを、ペテルブルクやモス
クワという都市空間のなかに置いていきいきと歩き回らせ、この時代を浮かび
上がらせます。ロシア文学を専攻し、都市論を得意とした著者ならではの「集
大成」ともいえる力作です。図版百点を収録。




6月上旬発売予定
------------------------------------------------------------------
『つらさを乗り越えて生きる力』(仮題)
──伝記、文学作品が教えてくれること
------------------------------------------------------------------

山岸明子 著
四六判上製208頁・予価2200円+税
ISBN  978-4-7885-1527-7 C1011
分野=心理学・人生論

人生はつらいことの連続だ!

『心理学で文学を読む──困難を乗り越える力を育む』で文学作品を取り上げ、
心理学の言葉と理論で困難な人生に向き合う主人公を分析し、心理学の新しい
魅力を開いた著者の第二弾です。今回は文学作品だけでなく、実在の人物の伝
記やエッセイも取り上げ、罪悪感に苛まれたり、母親とうまくいかなかったり、
精神的な病に陥るというように、人生の途上で遭遇して、その後の人生に大き
な影響を与えることになった問題に、どのように対処したかを分析しています。
誰しもが人生のどこかでつまずき、つらさを乗り越える困難に向き合います。
そんなとき、何が生きる力となるのでしょうか。つらさを乗り越える条件とは
何でしょうか。じっくり考える機会となる一冊です。

著者関連書
山岸明子著『心理学で文学を読む』
http://www.shin-yo-sha.co.jp/mokuroku/books/978-4-7885-1435-5.htm




6月下旬発売予定
------------------------------------------------------------------
『男女平等は進化したか』
──男女共同参画・基本計画の策定、施策の監視に携わって
------------------------------------------------------------------

鹿嶋 敬 著
四六判上製368頁・予価3500円+税
ISBN 978-4-7885-1528-4 C3036
分野=女性学・社会学


ゴールは男女共同参画社会

政府の男女共同参画会議議員、専門調査会会長を長年務め、第一人者である著
者のライフワークの書。安倍政権の目玉「女性活躍推進」は手段にすぎず、
「男女共同参画社会がゴール」を持論に、「男女共同参画」基本計画の策定か
ら監視までの流れを追い、男女平等の進化の過程を見通します。男性中心型労
働慣行の変革(男性正社員の長時間労働からワークライフバランスへ)、固定
的な性別役割分担意識の解消(男は仕事・女は家庭から共働き・イクメンへ)
がなぜ鍵かを説き、次世代への諸課題を明らかにします。報告書・議事録から
要所を抜粋し、歴代の総理発言を網羅するなど、資料的価値を備えた本書は、
女性学研究の基本文献となるでしょう。著者は日経新聞家庭部長等を経て、女
性労働協会会長、『男女共同参画の時代』(岩波新書)など著書多数。




6月下旬発売予定
------------------------------------------------------------------
『ワードマップ 心の哲学』
──こころの科学の発展は、心の問題を解決するか
------------------------------------------------------------------

信原幸弘 編
四六判並製320頁・予価2600円+税
ISBN 978-4-7885-1525-3 C1010 
分野=哲学・心理学・脳科学・科学読み物


「心の科学」を問いなおす

心とは、哲学的にどうみなされ得るものなのでしょうか。本書は内容を三部構
成とし、第1部では「還元主義」「観念論」「現象主義」「自然主義」「消去
主義」など心身問題をめぐる主要な哲学的立場を解説。第2部では「志向性」
「意識」「自己/自我」「人格の同一性」などに関する心の哲学の主張や論争
を紹介。第3部では「心の理論」「精神疾患」「社会脳」「EBM」など心の
科学の諸説に対し、心の哲学からの批評を試みています。最新のトピックスや
研究も収めつつ心の哲学の全貌を簡潔に描き出した本書は、初学者の入門書と
して最適です。


___________________________________


◇奥付
___________________________________

□電子メールマガジン:「新曜社<新刊の御案内> 」(不定期発行)
□HPアドレス http://www.shin-yo-sha.co.jp/
□blog:新曜社通信 http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/
□twitterもよろしく:http://twitter.com/shin_yo_sha
□このメルマガは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
□購読・解除・変更手続きは http://www.mag2.com/ より行って下さい。
□掲載された内容を許可無く転載することを禁じます。
□発行:株式会社新曜社 営業部
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-9 第一丸三ビル
電話  03(3264)4973(代)
FAX 03(3239)2958
e-mail info@shin-yo-sha.co.jp
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
次回発行は2017年6月上旬を予定しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

新刊 是永論『見ること・聞くことのデザイン』

9784788515093

是永論 著

見ること・聞くことのデザイン
――メディア理解の相互行為分析

四六判並製232頁
定価:本体2400円+税
発売日 17.4.11

ISBN 978-4-7885-1509-3

見本出来ました。
4月17日ごろ書店に並びます。

はじめに(一部抜粋)

■メディア批判の困難

 2000年以降の日本社会において,メディアを批判するということは,あらゆる人に共通する一種の素養とでも呼べるものになっているようである。筆者自身,2005年から2009年にかけて,BPO(放送倫理・番組向上機構)の委員として,ほぼ毎月,視聴者から寄せられた放送番組に対するさまざまな意見を目にする機会があった。そこで印象に残ったのは,意見のほとんどが番組に対する辛辣な批判であったことと,そうした批判をする姿勢の中にうかがえる,視聴者の批判に対する熱意とゆるぎない確信であった。

 実際に批判をしている人々について考えてみると,近年の大学生が書く文章では,「メディアの論調に無批判に従うのはいかがなものか」というのが,定型的な結論の一つになっているという(内田[2005])。その一方で,過去にメディアに仕事として携わった経験のあるものも含めて,教員の多くが,メディア批判を毎回のように講義の中で繰り広げているという話も筆者の周囲にいる学生から耳に

・・・・・・

《もっと読む 見ること・聞くことのデザイン はじめに(一部抜粋)》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 7日 (金)

記事 山本武利著『日本のインテリジェンス工作』@読売新聞 2017年4月1日付

山本武利著『日本のインテリジェンス工作』の記事が、読売新聞 2017年4月1日付に掲載されました。記事は前田啓介氏。ご書評くださいました記者の方、掲載紙ご担当者様に、心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

旧日本軍の諜報活動研究

旧日本軍が行った海外での諜報活動を研究する山本武利・早稲田大学名誉教授(76)が、中国人女性を使った工作の実態を明らかにするなど精力的な調査を続けている。昨年11月には、近年の主要な論文をまとめた『日本のインテリジェンス工作』(新曜社)も刊行した。

山本さんは1997年、米国立公文書館に保管されていた資料の中から、米軍の諜報機関OSS(戦略諜報局)が、44年11月から終戦直前までに作成した報告書を発見した。OSSは中央情報局の前身。報告書は、中国南部の都市。昆明で活動した日本側の中国人女性スパイに対する国民党軍の尋問状況や、OSSが独自に収集した情報をまとめたものだった。

約100頁からなる報告書には、スパイを意味する「espionage」との表記が散見された。諜報対象としては、米軍将兵の数や住居の位置、中國に展開する米軍の各部隊の連絡方法など12項目が挙げられている。・・・・・・


9784788514997山本 武利 著

日本のインテリジェンス工作
――陸軍中野学校・731部隊・小野寺信

四六判288頁上製
定価:本体2800円+税
発売日 16.11.1

ISBN 978-4-7885-1499-7

関連記事 山本武利著『日本のインテリジェンス工作』 解説 小畑利夫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 6日 (木)

新刊 ルチアーノ・フロリディ『第四の革命』

9784788515222

ルチアーノ・フロリディ 著
春木良且・犬束敦史監訳/先端社会科学技術研究所訳

第四の革命
――情報圏(インフォスフィア)が現実をつくりかえる

四六判上製376頁
定価:本体3400円+税
発売日 17.4.10

ISBN 978-4-7885-1522-2

見本出来ました。
4月11日ごろ書店に並びます。

はじめに

この本は、デジタルICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)が、我々の自己感覚や、互いの関係のしかた、我々を取り巻く世界を形づくりつつ関わっていくあり方に、どのように影響するかについて述べたものである。ナノテクノロジー、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)、ウェブ2・0、セマンティックウェブ、クラウドコンピューティング、モーションキャプチャーゲーム、スマホアプリ、タブレットとタッチスクリーン、GPS、拡張現実、人工知能コンパニオン、無人ドローン、無人自動車、ウェアラブルコンピュータ、3Dプリンタ、アイデンティティ窃盗([訳注1])、オンライン学習、ソーシャルメディア、サイバー戦争・・・、技術マニアも技術嫌いも、同じ質問をする。「次は何なんだい?」哲学者は、その背景についてあれこれ考える。これらのすべての現象を、一つの、マクロなトレンドの多様な側面として説明できるような、統合的視点を見つけ出すことができるだろうか? それに答えるのが難しいのは、まず我々が未だにICTを、外界と、そして我々相互が関わりあうためのツールだと

・・・・・・

《もっと読む 第四の革命 はじめに》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 4日 (火)

新刊 李光鎬・渋谷明子『メディア・オーディエンスの社会心理学』

9784788515178

李光鎬・渋谷明子 編著
鈴木万希枝・李津娥・志岐裕子 著

メディア・オーディエンスの社会心理学
――

A5判並製408頁
定価:本体3000円+税
発売日 17.4.11

ISBN 978-4-7885-1517-8

見本出来ました。
4月11日ごろ書店に並びます。

まえがき(抜粋)

本書は、社会心理学の視点で行われたメディア・コミュニケーションに関するこれまでの研究成果を、主に学部の大学生に、幅広く学んでもらうための教科書として企画されたものである。ジャーナリズムをはじめとするメディアの送り手に関する研究分野に比べ、メディアのオーディエンスに関する社会心理学的な研究分野の網羅的な教科書は相対的に少なく、長年、授業を担当しながらその必要性を痛感してきたことが、本書の執筆に際して私たちが抱いていた共通の思いである。その思いから練られた最初の構想を、全面的に実現することは叶わなかったが、この研究分野の全体像がつかめると同時に、個別テーマについても十分な知識を習得できる内容にしたいという当面の目標は、ある程度、達成できたのではないかと思っている。学生および一般の読者の皆さんが、様々なメディア・コミュニケーションの問題に関心をもち、自ら探求し、実証し、考察する活動を行ううえで、この本が一つのきっかけになり、手引となることを願っている。

 章によって少し異なる部分もあるが、私たちは

・・・・・・

《もっと読む メディア・オーディエンスの社会心理学 まえがき(抜粋)》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«新刊 倉田剛『現代存在論講義 I』